近年のドラフト戦線で注目が集まるタイプの選手の1つが、大型内野手ではないだろうか。若手選手を見渡すと、オリックス・紅林 弘太郎内野手(駿河総合出身)が大型内野手を代表する選手の1人として挙げられるが、その紅林と同じ静岡から再び大型内野手が現れた。

 静岡の公立校・富士宮東で主将を任された勝又 琉偉内野手(3年)だ。188センチ、78キロとグラウンドに立てば言葉通り頭1つ抜けた大型選手で、存在感がある高校生だ。

同郷の先輩が道しるべに


 入学当初は、「180センチ前後で58キロしかなかったので、マッチ棒みたいな体格でした」と3年間指導した大勝監督は、当時のことを懐かしそうに振り返り、その時から光るものがあったことを明かした。

「足が速くて、身体能力が高い印象でした。50メートル走を当時は6秒前半で走りますし、肩もそれなりにありました」

 7歳から野球を始め、中学までは軟式野球。2つ上の兄がいたこともあり、富士宮東の門をたたく。現在は50メートル5.8秒で走る脚力を持ち、遠投も100メートル近く投げる。投手としてマウンドに上がれば、140キロ近い速球を投げ込むこともできる。高いポテンシャルを秘めている原石は、入学当初から抜けていた。

 そんな勝又に、入学してまもなく、「目標や夢があるのか」と聞くと、その時に返ってきたのは「上のレベルでやりたい」と抽象的な回答。それを聞いた大勝監督は、「どうせ目指すなら、プロを目指そう」と決心を固め、勝又本人にも話したという。その時の道しるべとなったのは、同郷の紅林だった。

 勝又自身は紅林のプレーを参考にしていることもあるというが、「意識しすぎることなく、『自分らしく』ということは心掛けて練習をしています」と過度に考えすぎないようにしているという。ただ大勝監督のなかでは、紅林の存在は大きかった。

「勝又が入学したときに、紅林が3年生だったんです。だから『こういう選手になれたらいいね』と話して、紅林のような選手を目標にして、数少ない大型ショートとしてプレーさせていくことにしました」