2022年は154人の高校生がプロ志望届を提出した。ドラフト1位指名を早々に公表されている超高校級から、甲子園に手が届かずともプロのスカウトから熱視線を集めている逸材たちもいる。

 いわゆる地方の逸材、原石が富山の強豪・富山第一にもいた。

 最速148キロを計測する剛腕・小林 路春投手(3年)。最後の夏は富山大会でベスト4に終わり、甲子園に手が届かなかったが、右スリークォーターからキレのある球と闘志を前面に出す気迫あふれる投球スタイルで打者を圧倒。注目が集まっている逸材である。

2年生春で140キロ到達 秋の県大会Vと順調なステップアップ


 高校1年目は150キロ、そして高卒プロのために、体づくりに時間を注いだ。公式戦デビューはあえて遅らせ、「勝負は2年生の春からだ」という言葉通り、公式戦デビューは2年生の県大会だった。

 気になる球速は140キロに到達。チームはベスト4に終わったが、1年で10キロ近くの球速アップにつながった。自身のなかでも手ごたえは十分だった。

 「はじめて出したときは、『これで140キロなのか』と驚きました。全力で腕を振らずに数字を出せたので、『もっと強く腕を振れば、球速はまだ出せる』と思いましたね」

 先輩たちの夏は富山大会ベスト8に終わり、プロ入りに向けて最後の1年をスタートさせる。新チームスタート当初は調子を落とし、県大会は背番号9で大会に入ったが、ノーシードで勝ち上がって優勝。5試合すべて先発して13失点、特に準々決勝以降の3試合はすべて完投。決勝戦・高岡商との試合では13奪三振で完封勝利した。

 「この秋はかなり大事だぞ、と言われていたので、かなり気合を入れていたので、思うような結果だったと思います」と高卒プロ入りに向けて順調な滑り出しだった。その後の北信越大会も「アピールの場になると思っていた」と重要視していたが、初戦・敦賀気比(福井)の前に敗れた。富山県大会とは違った打線の破壊力の前に失点を重ね、制球力向上の必要性が課題となった。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。