2022年は154人の高校生がプロ志望届を提出した。ドラフト1位指名を早々に公表されている超高校級から、甲子園に手が届かずともプロのスカウトから熱視線を集めている逸材たちもいる。

いわゆる地方の逸材、原石が富山の強豪・富山第一にもいた。

 最速148キロを計測する剛腕・小林 路春投手(3年)。最後の夏は富山大会でベスト4に終わり、甲子園に手が届かなかったが、右スリークォーターからキレのある球と闘志を前面に出す気迫あふれる投球スタイルで打者を圧倒。注目が集まっている逸材である。

成長期を迎えた中学2年生、プロ野球選手が夢から目標となった


 ドラフトを前に「ドキドキと不安の両方があります」と落ち着かない心境で、運命の日を待っている。プロ入りに対して並々ならぬ思いがあるからだ。

 小学3年生から野球人生が始まった。監督の誘いから野球道に足を踏み入れ、最初は野手としてプレー。通っていた小学校で一番だった俊足を生かしたセンターの守備で活躍していたという。

 平日も練習をするほどの厳しさで、放課後も遊べなかったというが「とにかく楽しかった」と家族のだれもやっていなかった野球にどんどんのめりこみ、夢はプロ野球選手になった。

 北部中に進学後も迷いなく野球部に入部した。俊足は健在だったが、「中学時代はパワーヒッターで長打をどんどん飛ばしていました」とプレースタイルが一変した。成長期に伴って体が大きくなったからだ。

 入学時は150センチ台で、2年生に進級直後も160センチちょっと。小柄な選手だったが、「秋ごろには170センチ後半まで伸びました」と急激に大きくなり、卒業するころには180センチまで到達。3年間で30センチ近く伸びることになったが、この成長期があったから、野球人生が変わった。

 「2年生の秋ごろに先生から、ピッチャー転向を勧められました。元々、投手は好きだったので、『どれくらい通じるんだろう』と凄くワクワクしていたのを覚えていますし、このころに『お前はプロ野球選手になれる』と言ってもらったんです。それが心に響いて、夢が目標に変わりました」

 ここから、夢だったプロ野球選手は目標に変わり、小林は目標に向かって突き進んでいくことになる。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。