今年のドラフト候補の高校生左腕で急速に評価を上げているのが、浦和麗明(埼玉)の吉川 悠斗投手(3年)だ。185センチの長身から最速は142キロ。腕の長さを生かしたフォームで打ちにくく、チェンジアップ、スライダー、カーブ、フォーク、カットと各種変化球の精度も高い。

 吉川がなぜこれほど注目を浴びるほどになったのか。この夏の埼玉大会・秩父農工科学戦で20奪三振を達成したことがきっかけだった。

 昨秋の段階から埼玉県では屈指の左腕として注目されていたが、多くのスカウトが詰めかけた試合で抜群のアピールをしたことで、今年の高校生左腕ではトップレベルの評価を受けるまでになった。すでに12球団のスカウトが視察済みという。

 高校入学前までは全くの無名だった。いかにして、レベルアップを遂げたのか。

体作りを行う中で、2年秋からプチブレーク


 吉川は、小学校6年生から投手を始めた。吉川美南ボーイズ時代は目立った活躍はなく、4、5番手だった。なぜ浦和麗明へ進もうと考えたのか?

「元々野球がそんなに上手くなかったですし、浦和麗明は人工芝のグラウンドなど設備的にもいいですし、偏差値も近いのでここに決めました」

 もちろんこの時、プロについては全く頭になかった。

「プロは全然頭にありませんでした。とりあえず野球を3年間できればいいと思っていたので、特に目標はなかったです」

 それでも吉川は入学当時から身長180センチもあり、手足も長く、投手として高い素質を秘めていた。投球面では思考を巡らせながら、取り組める一面もあった。体作りを行う中で、みるみると素質を伸ばし、1年秋からベンチ入り。そして2年春の地区予選の浦和学院戦で敗れはしたものの、4失点完投と、好投を見せたところから注目を浴びるようになった。吉川自身、やれると実感した試合であった。

「やはり強いとわかっていたので、極端に言えば負けてもしょうがないと思い投げていたので、力を抜いて投げられたのが良かったのかなと思います」

 2年秋はエースとして活躍し、県大会ベスト8入りを果たす。ここからプロを意識し始める。

「ネットなどで自分の名前が出だしていたので、秋はベスト8まで行けて、大学や球団の方が来るようになって、それくらいから意識し始めました」

 この時から自身の直球が速くなっただけではなく、スライダーにも手応えを感じ始める。

「3年間を振り返ると、スライダーが一番良かったのは秋の大会の時で、チームで一番、三振も取れていました」

 さらに打たれない投手になるために取り組んだのがチェンジアップの習得だった。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。