今年に入って注目度を急上昇させたドラフト候補がいる。それが京都外大西西村 瑠伊斗(3年)だ。投げては最速147キロ、打っては高校通算54本塁打と、投打で超高校級の逸材。今夏の京都大会では6試合で4本塁打と、「打」で強烈な印象を残している。今秋のドラフト会議で上位指名も期待される西村に、これまでの野球人生の歩みを語ってもらった。

中学時代はポニー日本代表を経験


 出身は京都府京都市。元高校球児だった父の影響もあり、小さい頃から野球の球に触れる機会が多かったという。小学2年生から軟式の七条ファミリーズで本格的に野球を始め、4年生から投手を務めるようになった。「周りより打球が飛ばせているなとか、ちょっと球が速いなくらいは思っていました」と早くから実力を発揮していたようだ。

 中学時代は京都ポニーに所属。3年生の時にはポニーリーグ日本代表に選出され、米国で開催された2019 U-16コルトの部ワールドシリーズに出場した。当時の思い出を西村はこう振り返る。

「海外に行って試合をするのは滅多にないことなので、大きな経験をさせてもらったことは良かったと思います。色んなチームがあって、日本はちゃんとしているなと思いました。アップも海外のチームは適当にやっているように見えました」

 中学生の時点で投手としては130キロ台後半の速球を投げ、通算15本塁打を放っていた西村が進学先に選んだのは、2010年夏以来、甲子園から遠ざかっている京都外大西だった。「体験に来た時に凄く声を出していて、良いチームだなと思いましたし、監督も何回もチームや学校の方に来て下さって、ここにしようと思って決めました」と進学の理由を語る。

 ちなみに西村が進学先を決める直前の2019年秋の京都大会準々決勝で京都外大西京都国際を相手に9回表に5点差を逆転する劇的な試合を演じている。この試合を西村は観戦していたそうで、上羽功晃監督は「良い試合を見てもらえたな」と思ったという。

 京都外大西に入学していた当初は、練習の雰囲気やレベルの高さについていけるか不安だったというが、紅白戦で結果を残したことで1年夏の独自大会からレギュラーに定着。打撃以上に上羽監督が評価していたのが走力だった。

「普通のショートゴロが(一塁で)際どいタイミングだったので、メチャメチャ速いなと思いました。バッティングもそんなに悪くないし、足も速いから外野で使っていても戦力になるということで使いました」

 西村の50メートル走のタイムは6秒0。入学してから体が大きくなったことで、今は少し遅くなってしまったそうだが、1年生の頃は俊足を武器にしていた選手だった。

 独自大会では全試合で1番中堅手として出場。「甲子園はなかったですけど、緊張感もあったので、そこで何とか結果を出せたことは2年になってからも繋がったと思います」と飛躍のきっかけとなる大会になった。

 入学当初は「プロに行けたらいいな」くらいに考えていたが、2年生になるとプロのスカウトからも注目されるようになり、本格的にプロ入りを意識するようになる。2年夏には準決勝の乙訓戦で2打席連続本塁打を放つなどの活躍を見せ、準優勝に貢献。秋も5試合で5本塁打と公式戦で無類の強さを発揮した。

「試合でビビっているところは見たことがないです。気持ちの波がなく、常に平常心なのは、あいつの特徴かなと思います」と西村の内面について語る上羽監督。技術面に加えて、精神的な強さも西村の強みの一つだ。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。