9月に入り、各地で大学野球の秋季リーグがスタート。9月10日から東京六大学が開幕するが、ラストイヤーでプロ入りを狙うスラッガーがいる。

 それが法政大の野尻 幸輝外野手(4年=木更津総合)だ。高校時代、1年春からベンチ入りし、2年夏、3年夏と2度の甲子園出場を経験。強靭な肉体を生かしたパワフルな打撃を武器に、高校通算21本塁打をマークした。投手としても140キロ前半の速球を投げ込み、最後の夏は投打で躍動した。さらに高校日本代表にも選ばれた。後編では法政大での進化の様子を振り返っていく。

あわせて読みたい
木更津総合時代は高校日本代表も経験。野尻幸輝(法政大)が振り返る五島監督との高校3年間【前編】

1球で仕留めることを課題に


 目標のプロ入りへ向けて法政大へ入学した野尻。1年春からリーグ戦に出場し、4試合を経験したが、東京六大学のレベルの高さを痛感する。

「まず法政大は毎年プロに行く選手を輩出していて、すごいなと思いました。
そして東京六大学の投手は質が違います。高校の145キロと大学の145キロだと質が違うので、1年生の頃はそこに戸惑いましたね。同じ球速でもこんなに見え方が違うんだと感じました」

 その中で、青木前監督から指導を受け、少しずつ東京六大学のレベルに対応していく。
「当時は青木監督でしたが、自分に期待してくれていました。練習に付き合ってくれたり、バッティングピッチャーなどもしてくれて、色々と対応力を磨くために、数を打っていました。2年生の頃にオープン戦でレギュラーで出るようになって、その頃はいい経験ができて、自分の中ではその頃からいい形になっていきました」

 ただ、リーグ戦にはベンチ入りするも、なかなかヒットが出ないシーズンが続き、1年春の1安打と3年秋の2安打のみだった。

 3年秋を終えて、リーグ戦出場は通算21試合出場。それでも野尻はこの代の中心として寮長を任されるほど人望が厚かった。ラストシーズンとなった4年春は自己最多の12試合に出場した。

「リーグ戦全試合に出場させてもらったのは初めてだったのでいい経験になりましたし、もっと結果を出さないといけないと思うので、自分の中では悔しさが残るシーズンでした」

夏休みでの練習の課題は「1球で仕留める打者」になること。そのレベルに達することがNPBへ向けての課題だと語る。
「1球で仕留めるバッターが一番怖いバッターだと思うので、どうしても1球で決めきれないと追い込まれてしまうので、とにかくコンタクト率を上げて、1球で仕留める。

その中で自分のパワーを生かすにはしっかり捉えることが最優先だと思うので、確実性を上げるための練習をしてきました」

 野尻は考えて練習に取り組んでいる。取材日の練習では、雨天練習場でティー打撃、フリー打撃、トレーニング場で練習というメニューだったが、ティー打撃の際にバットを担いでエクササイズする姿があった。
「一つはけが予防として、可動域を広げてから振ることによって、力感もそうですし、引っ張られる感覚を養う動きをしていました」

ティー打撃ではスタンスを広くしたり、片手スイングや、半身の状態からのティー打撃など、工夫を凝らした練習をしていた。

「日によって変わりますね。前で打つと打球速度や強さが出るが対応する率が少なくなってしまう。いいバッターは広いスイートスポットを持っているので、今日は横で打つような感覚を養う練習でした」

 勝負強いスラッガーになるために、着々と準備している。ただ野尻の武器はそれだけではなく、投手・野尻としても高い潜在能力を秘めていた。

 現在、高校時代の最速144キロからさらに伸びて、練習では最速150キロ。オープン戦での最速は147キロと、二刀流・野尻が見られるかもしれないのだ。

 個人練習では、キャッチボールをしていたが、鋭い投球を見せ、見ていて惚れ惚れする球質だった。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。