激戦区の神奈川を勝ち抜き、2年連続20回目の出場を決めた横浜。初戦も突破し、さらに注目度が高まっている。今回はそんな今年の横浜ナインをよく知る先輩にお話を伺った。

 それが延末 勧太内野手(1年=日本体育大)だ。下級生からベンチ入りし、昨夏は控え選手ながら甲子園に出場した。

 なぜ延末に話を伺うことになったのか。それは8月から開催されているフューチャーズリーグがきっかけだ。フューチャーズリーグとは、まだリーグ戦に出場できない大学1、2年生が各連盟の枠を乗り越えて、リーグ戦形式の新人戦を行っており、日本体育大、慶應義塾大、國學院大、桐蔭横浜大が参加している。このリーグを特集するとともに活躍を見せた選手にインタビュー取材しようと考えていた。

 取材したフューチャーズリーグの試合で印象的な活躍を見せていたのが延末だったのだ。

 延末の野球人生や横浜時代の話を伺っていくと、非常に興味深いエピソードがあったので、紹介したい。

チーム再建に動く村田監督に心を動かされた


 中学時代は名門・世田谷西シニアでプレー。現在の日本体育大にはコッシーオ投手(日体大柏出身)を含め、5人もチームメイトがいた。

 そんな延末が横浜に進んだきっかけとは。

「世田谷西シニアの一学年上の先輩である木下幹也先輩(横浜高ー巨人)に憧れを持っていて、木下さんとプレーしたいと思い横浜を目指そうと思いました」

 延末は1年生から公式戦に出場。首脳陣からの期待は高い選手だった。

 高校2年となった20年4月1日。これまで公立の神奈川白山を率いていた村田監督が横浜高校の監督に就任した。

 村田監督はどんな監督だったのか。

「とても熱い人でした。チームを変えようとしてくれて。

 最初はコロナがあって就任されてから、チームがすぐ解散になってしまい、夏の地方大会もないということで、上手くいかないことが多かったのですが、チームを変えようとしてくれて、今の横浜につながっていると思います」

 また練習内容にも変化があった。

「一球に対する執念というか、練習時間が長い中で、いかに濃くできるか突き詰めている監督なので、一球ミスしたらみんなで指摘しあって、一球にこだわっている監督で、一球に対する思いは変わりました。私生活も厳しくしてもらいました」

 特に厳しかったのは掃除だったという。

「寮生活のときは自由時間はありましたし、縛られてるわけではないのですが、掃除には厳しかったです。毎朝、全員が寮の中を掃除して、そこからご飯という感じで、その時間はとても厳しかったです」

 一気に変わったチームの雰囲気や、チームの細かな取り組み。最初は戸惑いながらも、チーム再建のために動く村田監督に選手たちも感化されていった。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。