目次

[1]ボーイズ代表経験も2年春にアクシデント
[2]フォーム変更で覚醒。140キロ台の剛速球を投げるまでに


 センバツで大きな活躍ができれば、野球人生を大きく変える可能性が生まれる。今大会、大きくブレークを狙う投手がいる。それは最速147キロの剛腕、浦和学院小田部 夏行投手(3年)。秋は未登板だが、監督らの期待は高い。投球練習の剛速球を見れば、期待したくなる。そんな小田部の熱い意気込みに迫った。

センバツ関連サイトはこちら
リアルタイム速報 専用特設サイト
第94回センバツ大会特設サイト

ボーイズ代表経験も2年春にアクシデント


 栃木県大田原市出身の小田部は、中学時代、地元の大田原ボーイズでプレーし、最速139キロを計測する速球派右腕として活躍し、ボーイズ日本代表に選出された。
「初めて日本代表に選ばれたときはレベルの高さを感じたんですけど、代表の試合で投げるためには、自分の特徴をアピールをしっかりとすることを考えて投げていましたし、良い機会でした」

 そして地元を出て、浦和学院に進学するきっかけについて、
「投手の育成が上手いと聞いていたこと、そして練習の雰囲気の良さを感じて、進学することになりました」

 1年秋には順調に公式戦登板を果たし、冬のトレーニングでさらにレベルアップ。飛躍を期した2年生シーズンで、アクシデントが起こった。キャッチボールの際に球が目に当たってしまい眼窩底骨折。手術を行った。

 視力が戻り、復帰できることになったが、入院生活は2カ月ほどに及んだ。この期間、野球に関する書籍を読みあさったという。
「プロ野球選手の考え方を学んだり、頭の部分は鍛えられたと思います。知識も自分なりに入れられたので、復帰した時に、知識を生かして、いろいろ考えてやろうと思いましたが、やはり復帰する時に不安がありましたね」

 5月頃に復帰したが、かなり筋力が落ちていて、130キロ後半から大きくスピードダウンした。筋力や感覚を取り戻すために、地道なトレーニングとネットスローに励んだ。球数を投げて、「投げる体力」を取り戻すように心がけた。森大監督からの励ましの一言も大きかった。

「森先生からは目先のことではなく、焦らずにやりなさいと言われて、じっくりと取り組むことができました」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。