DeNA2位の徳山にも共通する高い意識



川上 笈一郎(兵庫夢前ヤング)

 成長を見守ってきた浄徳監督は、順調にステップアップをしてきた要因に「意識の高さ」を挙げる。チームのOBで、昨年ドラフトで指名された徳山の成長を引き合いに出しながら、川上のここまでの成長を振り返る。

「入団からの伸び率でいえば、徳山が上かもしれませんが、入団したときのインパクトは川上の方が断然上です。ただ二人に共通しているのは、野球への取り組み、意識の高さです。二人とも常に高い意識を持って練習に取り組んでいたので、それが3年生で結果を出すことにつながったと思います」

 また、野球を始めるきっかけにもなった女房役の松本も、川上の高校での活躍に太鼓判を押す。高校では別々の道を歩むためライバルにもなるが、高校でも共に高め合っていきたいと思いを語った。

「成長するたびに球も速くなっていって、中学では変化球も曲がるようになりました。本当にエースという感じがする投手だったので、これからも高め合っていきたいと思います」

 川上は現在、「高校1年生から活躍する」ことを目標に掲げて、トレーニングを中心に練習を続けており、またフォームの修正も常に行っているという。けがをしない体作りを第一に考え、焦らずにじっくりと練習に取り組んでいる。

「僕はインステップになり気味なので、今は踏み出しの足が真っ直ぐ出るように意識して練習しています。あまり体が柔らかくないので、インステップになると、どうしてもコントロールが乱れたり、けがをすると思うので修正したいと思っています」

 これまで兵庫夢前ヤングが輩出したプロ野球選手は2名。川上の活躍にも期待だ。

(記事:栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。