目次

[1]センバツ前の浦和学院戦がチームが強くなるきっかけとなった
[2]大阪桐蔭と戦って目標ができた


あわせて読みたい 【対談】中川×蛭間
■vol.1
浦和学院との練習試合がカギとなった 大阪桐蔭春夏連覇の主将・中川卓也が振り返ったセンバツ連覇の裏側
■vol.2
負けを覚悟していた。大阪桐蔭春夏連覇主将が振り返る名門・浦和学院戦前の胸中
■vol.3
体張りました!高校時代から日本代表の中川卓也、蛭間拓哉(早稲田大)が振り返る日本代表で得たもの

あわせて読みたい 中川卓也インタビュー
■vol.1
強く選手たちを引っ張る姿勢は大阪桐蔭時代と変わりなく。新主将・中川卓也(早稲田大)が貫くチーム改革
■vol.2
二塁手は一番難しいポジション。春夏連覇経験者・中川卓也(早稲田大)が新ポジション挑戦を語る
■vol.3
満足したシーズンは1度もない。ドラフトイヤーを迎えた中川卓也が目指すは首位打者獲得

あわせて読みたい 蛭間拓哉インタビュー
■前編
4スタンス理論、大阪桐蔭との練習試合…世代屈指の強打者・蛭間拓哉の礎を築いた浦和学院時代

 22年ドラフト候補コンビとして最も熱いのが早稲田大の中川 卓也内野手と蛭間 拓哉外野手ではないだろうか。中川は大阪桐蔭時代、2018年に春夏連覇。U-18代表での主将を務め、アジア選手権に出場。早稲田大では1年春からスタメン出場し、3年秋にはベストナインを受賞した。

 一方、蛭間は浦和学院(埼玉)時代、主将として、18年夏に甲子園ベスト8を経験。U-18代表では副将を務め、中川をサポート。早稲田大では2年春からリーグ戦で活躍を見せ、ここまでリーグ戦10本塁打と同世代でも群を抜いている。

 現在は中川が早稲田大の主将、そして蛭間が副将と、U-18と同じ構成だ。2人は2018年夏の甲子園準々決勝で対決しているが、この接点について知られざるエピソードがあった。第2回は夏の直接対決について振り返っていきたい。

センバツ前の浦和学院戦がチームが強くなるきっかけとなった


ーー練習試合も終えて、夏の大会を迎える中で、大阪桐蔭というのが頭がありましたか?

蛭間 大阪桐蔭は常に頭にあって、ここを倒さなきゃ絶対に甲子園優勝はないと思っていて、チームがあったからこそ自分たちの代は強くなれたと思います。

 そして大阪桐蔭はセンバツで優勝。そして厳しい北大阪大会を勝ち抜き、連続出場。浦和学院も春の関東大会に出場し、さらに南埼玉大会も勝ち抜き、2013年以来の夏の甲子園出場を決めた。両校は投打ともに圧巻の内容で準々決勝で対決することになる。

 記念大会の大一番。当時の心境は対照的だった。

ーー蛭間選手に聞きます。今度は実際に甲子園で大阪桐蔭と対戦することが決まりました。その時の心境はいかがでしたか。

蛭間 抽選でキャプテンが引いて対戦相手がわかるのですが、まさかこんな早く当たるとは思わなかったのですが、もしかしたら大阪桐蔭に勝てるわじゃないかという自信はみんなあったので、弱気になることはなかったです。

ーー中川選手は浦和学院の勝ち上がりをどう見ていましたか?

中川 正直な話、夏の甲子園を通じて試合が始まる前に覚悟したのは浦和学院だけで、浦学戦の朝はもしかしたら今日が最後になるかもしれないという風には、あとあと聞いた話ですけどみんな思ってたと言っていました。

 試合は2回表、根尾 昂(中日)の本塁打で先制。その後も追加点を入れ、6回には一挙6得点。藤原 恭大(ロッテ)の2本塁打が出るなど、11対2で大阪桐蔭が圧勝する形となった。中川は浦和学院戦の勝利が優勝へ繋がった振り返る。

中川 あそこで勝てたからこそ優勝できたと思いますし、あそこはキーポイントになったと思います。とにかくこの試合については、根尾、藤原様様ですね。

蛭間 最後は経験の差かなというのが思いました。点を取られて焦ってしまったり、大阪桐蔭はひとつ落ち着いてプレーをしていると感じられたので、経験の違いが出てしまったのかなと思います。

ーー改めて大阪桐蔭と戦い、夏を終えた時の心境は?

蛭間 最後大阪桐蔭と戦って、ベスト8のところで当たったのですが、大阪桐蔭に負けたら仕方ないよねというくらいの気持ちで終われたので、大阪桐蔭に負けたので仕方ないかなと自分は思いました。

 2人はともにU-18代表に選ばれ、中川選手は主将、蛭間選手は副主将となった。チームに合流したことで新たな気づきがあったようだ。最終回は後日公開予定!

(記事:河嶋 宗一

【vol.3を読む】

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。