ひときわ大きな体。九州学院(熊本)の多くの選手に交じっていても、どこにいるかすぐに分かる。189センチ、93キロ。村上 慶太内野手(2年)の存在感は、兄譲りだ。

 ヤクルト村上 宗隆内野手(九州学院出身)の弟・慶太は、来年夏の甲子園出場ラストチャンスに向かって、全力疾走している。兄は東京五輪での金メダル決勝弾をはじめ、2021年セ・リーグMVP、本塁打王としてヤクルトの優勝、日本一に大きく貢献した。大きな存在の兄の背中を追い続けてきた慶太も、九州学院の門をたたいて、飛躍を誓っている。大事な冬の時期をどう過ごし、夏に向かおうとしているのか。胸の内を聞いた。

 2004年11月11日生まれ。熊本市立託麻南小4年「託麻南少年クラブ」で野球を始めた。長嶺中では熊本東シニアに所属。全国大会に3度出場した。右投げ左打ちも兄と同じだ。

村上慶太(以下村上) 中学生の時に兄がドラフト1位に指名されて、すごいと思った。それまであんまり野球のことは話してなかったが、自分も兄に追いついて、追い越したいと思うようになりました。

 兄と同じ九州学院に進むと、1年秋の熊本大会から7番一塁で出場するようになる。しかし、思うようには結果が出ない。今年の春はスタメンから外れることもあった。チームは県大会で春ベスト8、夏は初戦敗退した。新チームとなった今年の秋は準々決勝で熊本工に延長11回、6対7でサヨナラ負け。来年春のセンバツは絶望的となって、甲子園へは夏がラストチャンスとなる。

村上 悔しかったです。自分の力のなさを痛感しました。絶対に夏に甲子園に行きたいと思いましたし、そのためにはもっと体を大きくしてパワーをつけないといけないと思いました。ベンチプレス100キロが上がるようにまでになりたい。

 恵まれた体に満足せず、さらにパワーをつけることを目標に挙げた。さらに、打撃フォームの習得にも取り組む。

村上 割れを作りたいんです。構えたところで一度、右足に体重を乗せた後、軸足となる左足に重心を移動させ、打ちにいくイメージです。そして軸で回ることを大切にしています。

 自宅での素振りでは「兄のお下がり」バットを使用している。バッティンググローブも「兄のお下がり」。毎日かかさず、兄の背中を思いながらフルスイングしている。練習でのティー打撃のスイングも、柔らかさが特徴で、手の長さもあってか大きな円を描いているような印象がある。スピードと力強さはこれからだろうが、独特の柔らかさは天性を感じる。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。