目次

[1]昨年オフは投手メインのトレーニングを行い、1年だけで6勝
[2]課題は平均球速の向上

 11月19日(現地時間18日)、MLBは今季のMVP受賞選手を発表。二刀流として活躍したエンゼルス大谷 翔平花巻東出身)が見事にア・リーグのMVPを獲得した。

 そんな中、大学球界に高レベルの二刀流を実践しているのが、日体大の矢澤 宏太(3年=藤嶺藤沢)ではないだろうか。

 173センチ、70キロという体格ではあるが、最速150キロの速球を武器に、首都大通算7勝を挙げ、打者としても4本塁打をマーク。外野手、投手でベストナインを一度ずつ獲得しており、逸材が多い大学3年世代でもトップレベルを誇る。その矢澤に今シーズンを振り返ってもらった。


昨年オフは投手メインのトレーニングを行い、1年だけで6勝


 今シーズンは二刀流として印象的な活躍を見せてくれた。

 春季リーグ戦の東海大との開幕戦(4月10日)で3番投手として先発。試合を作り、豪快な打球を披露した。4月25日の帝京大戦では、サヨナラホームラン。5月1日の筑波大戦では10奪三振の完封勝利。秋のリーグ戦の初戦では最速150キロのストレートをマークし、完封勝利。今季だけで6勝を挙げ、投手としては大躍進した1年だった。

 矢澤も投手としての自信を深めた。

「去年は試合で投げないと、どんなピッチングができるか分からなかったのですが、今年はある程度このくらいのピッチングができるだろうと、イメージの中でそのイメージ通りのピッチングができたのかなと思います」

 二刀流としてポジションを確立した矢澤だったが、昨秋まで投手としてパフォーマンスに満足しておらず、投手メインの練習を増やしたという。

「ピッチャーの練習は全て入って、自主練習でティーをやったり、バッティングだけ一緒に入ったりという感じで過ごしてきました」

「オフシーズン中は投げ込みはあまりしていなかったのですが、ウエイトトレーニングだったり、色々なトレーニングで体を作っていきました」

 そしてシーズンに入っては、実戦的な投球をするために投球練習でも工夫を行った。

「試合とは別の日に週に一回ブルペンに入ったのですが、その時は次対戦するチームのバッターをイメージしながら、キャッチャーとコミュニケーションをとりながら、ピッチングしていきました」

 イメージトレーニングや、通常のトレーニングも、すべて投手として結果を残すために力を注ぎ、投球フォームにも目を向けた。

「踏み込み足(右足)の使い方が自分では良くなったと思っていて、踏み込む際に下半身が回りきらずにリリースしていたという部分がありましたが、しっかりと下半身から逃げずにリリースまで球に力が伝わったので、球がばらつくことなく投げられたのかなと思います」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。