目次

[1]作業服が汚れている姿を見て格好いいなと
[2]プレッシャーから拒食状態になった中学時代

 10月11日に行われたプロ野球ドラフト会議で、実に11年ぶりに山口県内からの高卒プロ野球選手が誕生した。それが宇部工小森 航大郎だ。
 172センチ・83キロ、俊足強打の遊撃手としてチームでは1番打者を任され、高校通算26本塁打を記録。50メートル走6秒を切る俊足も大きな武器で、希少な「右打ちの内野手」として東京ヤクルトスワローズにドラフト4位指名を受けた。

 だが、そんな小森の最大の魅力はプレー以外のところにある。


作業服が汚れている姿を見て格好いいなと


 「やっぱりプロ野球選手といえば、格好いいとかすごいといった言葉が一番にくると思いますが、僕はもっと泥臭く真剣に野球と向き合わないといけないと思っています。たまたま工事現場で、一番(一生懸命に)働かれてる方を見たのですが、作業服が汚れている姿を見て、本当に格好いいなと思って。自分だけが満足するのではなく、あの選手のようになりたいなと思われるプレーヤーになるために、泥臭くという言葉はずっと心の中に入れています」

 自分の言葉で無邪気に語るその表情からは、野球愛がひしひしと伝わってくる。

 モットーは「泥臭く」。
 俊足強打が持ち味の小森だが、その一番の魅力は野球へのひたむきな姿勢と元気なキャラクターだ。ドラフト候補の中でも、体格は決して大きな方ではなかった。それでも東京ヤクルトから4位指名を受ける決め手となったのは、そのナイスガイな人間性に他ならない。

「自分は本当に下手くそで、守備でもエラーばかりして投手に迷惑ばかりかけました。でも、こだわったのはとにかく泥臭くやることです。投手もマウンドで全力で投げてくれています。どんな打球に対しても『捕れない』と決めつけるのではなく、最後まで全力で捕りにいくことを意識していました。
 下手くそだからこそ、汚れることを嫌がらずに泥臭い姿をピッチャーに見せるんです。そうすれば気持ちがピッチャーにも伝わって、良い連鎖が生まれると思うんです」

 熱い気持ちを持つ一方で、「天然」な一面も小森の大きな魅力だ。
 高校通算26本塁打。実はこの数字は高校2年の秋からカウントを始めた。元々、本塁打へのこだわりがなかったこともあるが、メディアで紹介される通算本塁打数はすべて記者が数えていると思っており、チームメイトに指摘され慌ててカウントを開始した。

 また同じタイミングで、2年生まで指導した藤島俊成監督(現下関工科 部長)から、プロを目指す上で本塁打数の必要性を説かれたことが転機となり、練習試合でも使用していた木製バットを金属バットに持ち替える。
 それまで「だいたい10本くらい」だった本塁打数も、一気に増加していった。

「みんな数えていると言われてびっくりしました。昌平の吉野(創士・楽天1位)の通算本塁打とかすごいなと思って見てましたが、1本目から全部メディアの方が数えていると思っていました」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。