目次

[1]レベルの高さ痛感
[2]聖地での2安打で自信

 先月のドラフト会議でオリックスからドラフト2位指名を受けた関大の野口 智哉。小学生時代にはオリックス・バファローズジュニアに選ばれ、高校時代は徳島の鳴門渦潮で甲子園に出場している。関大でも1年春からレギュラーになり、一昨年の明治神宮大会準優勝に貢献した。輝かしい球歴を持つ野口のルーツを探った。


レベルの高さ痛感


 奈良県橿原市出身の野口は、友人に誘われて小学1年生の時にマスガファイターズで野球を始める。3年生から6年生の試合に出場するなど、早くから才能の片鱗を見せつけていた。

 6年生の時にはオリックス・バファローズジュニアに選出。当時のメンバーは西武の西川 愛也や明治大の竹田 祐など逸材が多く揃っていた。地元では敵なしだった野口はこの時、「自分より凄い選手を初めて見た」と上には上がいることを実感。それ以来、今まで以上に練習に打ち込むようになった。野口のトレードマークであるフルスイングも小学生の間に自然と身についていたという。

「小学校の時に毎日素振りしていたんですけど、その頃からずっと自分がホームランを打っているイメージしかなくて、その影響で自然とスイングが身についたんじゃないかなと思います」

 中学時代は中日ドラフト6位の福元 悠真(大商大)と同じ奈良葛城ボーイズでプレー。ここでも周囲のレベルの高さを痛感したが、「指導者にとても野球を教えてもらったので、自分の中の財産だと思います」と有意義な期間になった。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。