目次

[1]制球力を磨いて成長
[2]甲子園が教えてくれたこと

 今夏の甲子園でエースナンバーを背負った神戸国際大附楠本 晴紀(2年)。185㎝の長身から最速144キロの速球を投げる本格派左腕として、来年のドラフト候補にも挙げられている。今回はそんな楠本のこれまでの投手人生の歩みを中心に語ってもらった。


制球力を磨いて成長


 兵庫県神戸市で生まれ育った楠本は、物心ついた時から何をするにも左利きだった。最初はサッカーをしていたが、友人の多くが野球をしていた影響もあり、小学5年生から野球を始めた。

「野球といえばピッチャー」と考えていた楠本だったが、小学生の時は投手をする機会に恵まれず、主に一塁手を任されていた。

 投手を始めたのは中学生になってから。最初は神戸中央シニアに所属し、2年生の秋から兵庫タイガースヤングに移籍している。中学3年生の時点で138キロを投げるようになっていたが、大きな大会で実績を残すことはできず、「高校で絶対に甲子園に出てやると思っていました」と地元の強豪校である神戸国際大附への進学を決めた。

 神戸国際大附では1年秋の兵庫大会で初めてベンチ入り。しかし、1試合で0回3分の2しか登板機会がなく、近畿大会ではメンバーから外れた。近畿大会は準々決勝の京都国際戦で2回までに6点を奪われて敗戦。この試合を楠本はスタンドから歯がゆい思いをしながら見守っていた。

京都国際に負けた時は悔しくて、自分が投げてたらとずっと思っていました。甲子園もわからない状況だったんですけど、甲子園は行けるという仮定で練習に励んでいました」

 メンバー入りするために楠本が感じていた課題は制球力だった。それを改善するために下半身の強化に尽力。グラウンドの裏にある山道を走り込み、心身ともに逞しさを増した。その効果はすぐに表れたという。

「冬明けの実戦で、当たっても逆方向とか飛ばないとか、バッターの反応がまず違ったので、それが一番自分の中で嬉しかったです。自分はボールの力に自信はあるんですけど、やってきたことが自信になったので嬉しかったです」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。