目次

[1]父との二人三脚で打撃土台を作る
[2]プロになるために鹿児島から東京へ

 運命のドラフト会議がまもなくと迫ってきた。プロ志望届を提出したすべての選手が思い思いに吉報を待っている。西東京の名門・国士舘の強打者として活躍した清水 武蔵もその中の1人である。

 高校通算22本塁打という長打力と、逆方向にも長打を打てるスラッガーとして1年生夏からベンチ入り。2020年甲子園交流試合にも出場し、プロからの調査書や入団テストなども呼ばれるほどの実力の持ち主だ。

 そんな清水の打撃は、小学3年生から始まった野球人生のなかで、積み重ねてきた努力の結晶だった。


父との二人三脚で打撃土台を作る


 鹿児島県で中学3年生まで過ごした清水は、幼いころから野球に触れあいながら成長してきた。
 「家族で野球をやっていたのは、少年野球チームでコーチを務めていた父だけでしたが、小さいころからいろんな人とキャッチボールするくらい野球が大好きでした」

 そんな父の勧めで、硬式野球チーム・薩摩南州ボーイズで小学3年生から野球人生を始める。「4年生になれば試合に出られるだろうし、硬式野球の方が楽しいはずだ」と当時は思って練習に打ち込む。実際に4年生に進級すると、試合に出場するようになり、思い描いていた通りになっていた。

 ただ、清水は我慢していることが1つだけあった。父から言われた「逆方向に打て」という一言だ。

 「逆方向に打てる右打者は貴重だ、ということで父から言われてきました。
 当時の自分は幼かったので、『自由に打ちたい。引っ張ってホームランを打ちたい』と思っていました。けど父からそういわれてきたので、少しだけ我慢しながらやっていました」

 最終的に逆打ちのコツは掴み、「今のバッティングの土台になっています」と清水の打撃の根幹の技術となっているとのこと。そこに至るまでは、地道な練習の積み重ねがあってのものだった。

 「父が仕事から帰ってきて、時間があるときに30分くらいシャトル打ちをやっていました。
 ただ、普通にやるのではなくて、自分は父に対して正対して立った状態で、シャトルを投げてもらうんです。そうすると、バットを内側から出さないとシャトルを打ち返すことができません。それでバットの出し方を覚えたおかげで、逆方向へのバッティングのコツを覚えることができました」

 打撃の土台部分ができあがった清水は、中学でも桜島ボーイズで硬式を継続しても、「打撃は通じる部分がありました」と壁を感じることはそれほどなかった。それもひとえに「父とシャトル打ちをやってきたことが大きいですね」と積み重ねてきた努力のおかげだと振り返る。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。