ダビッド・バゥティスタ・モレノとともにドミニカ共和国から留学生として大阪偕星学園にやってきたワーネル マニュエル リンコン デ ラ クルーズ。最速145キロの右投手で、11日のドラフト指名を狙っている。


 ワーネルが野球を始めたのは9歳の時。テレビでメジャーリーグ中継を見て、自分もやりたいと思うようになった。

 憧れていた選手はメジャー通算219勝のペドロ・マルティネス。「身長は小さいけど、心がデカいですね。我慢強いピッチャーです」とワーネルは彼の魅力について語ってくれた。

 縁あってダビッドと一緒に日本に来た。来日前の印象を「全くわからないです」と話すほど、ワーネルにとって日本は未知の国。イチローが生まれた国とかろうじて認識している程度だった。

 「先生や野球部の言ってることが何も分からなかったです」と来日当初は言葉の壁にぶつかった。「練習終わってから、夜に寮に帰って、友達がダビッドしかいないから、とにかく帰りたい、親に会いたいと思っていました」と異国での生活を心細く感じる日々。「ダビッドと『最後まで頑張らなアカン』と言っていました」と盟友と励まし合いながら、寂しさを乗り越えてきた。

 最初は、なかなか理解できなかった日本語も自分で調べたり、友人に聞くなどして、徐々に覚えていった。今はダビッドと同様に通訳や翻訳アプリなしでも普通に会話することができる。

 好きな日本食は寿司とラーメンで、お気に入りの寿司ネタは海老だという。日本に来た当初は「ガリガリだった」と振り返るが、日本食に慣れたことで、3年間で体重は8㎏増えて、73㎏になった。それに従って球速も伸び、入学時は110キロ台だった球速は145キロまでになった。