ダビッド バティスタ モレノ(大阪偕星学園)

 ドミニカ共和国からの留学生選手として注目を集めた大阪偕星学園ダビット バティスタ モレノ。強打の外野手として馴らし、最上級生では主将も務めた。卒業後はプロ入りを目指すダビットのこれまでについて迫る。


 数多くのメジャーリーガーを輩出し、2013年のWBCを制しているドミニカ共和国。野球が盛んな国で育ったダビットは8歳から野球を始めた。

 当時、憧れていた選手はブラディミール・ゲレーロ。メジャー通算449本塁打を放ち、ドミニカ共和国出身の野手として史上初めて、アメリカ野球殿堂入りを果たしたレジェンドだ。今シーズン、エンゼルスの大谷 翔平と熾烈な本塁打王争いを繰り広げたブラディミール・ゲレーロJr. (ブルージェイズ)の父親としても知られている。

 ゲレーロのような長距離打者を目指していたが、日本に来るまでは今のような立派な体格ではなく、線の細い選手だったという。

 ドミニカ共和国では有望な野球少年はMLB球団のアカデミーなどにスカウトされるが、ダビッドはそこまでの選手ではなかった。そんな中で、日本に留学するという話があり、「野球と勉強を頑張ろうと思いました」と2018年11月に来日。翌年6月に大阪偕星学園に入学した。

 「今は慣れました」と話すダビッドだが、来日当初は日本での生活に苦労した。言葉もわからず、母国に帰りたいと思うこともあったそうだが、「お母さんとかお父さんと携帯電話で話して、ちょっと長いけど、高校野球頑張ってと言われました」と電話で両親に励まされたことで辞めずに続けることができた。

 日本語は友人が話した言葉をスペイン語に翻訳するアプリを駆使して少しずつ覚えていった。半年ほどで普通に会話ができるようになり、今では日本人と同じように取材対応ができるようになっている。

 言葉が通じるようになったことで日本の文化にも順応した。好きな日本食は唐揚げとラーメンで、好きな日本語は「ありがとう」だという。

 野球の面では変化球を多投する日本の投手への対応に苦戦した。指導者のアドバイスもあり、「最初はノーステップで後ろに(体を)残して、変化球にタイミングを2回とっていました」と対応力を徐々に身に付けていった。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。