今年の高校生遊撃手のトップクラスの技量を誇る東京学館の粟飯原。多くの球団からの調査書が届いており、高く評価をされている。そんな粟飯原の最後の夏、現在の取り組みについて迫った。


木製バットでも非凡な打撃センスを発揮


 最後の夏に突入し、初戦の志学館戦では11球団のスカウトが集結した。4打数1安打2四球、3回戦の千葉経大附戦では、4打数1安打。合計で8打数2安打と満足いく結果は残せなかった。
 「悔しい内容でしたね。ずっと際どいコースを攻められましたので、全然打てなかったですし、チームとしても3回戦で負けてしまいましたし、悔しい気持ちしか残ってないです」

 夏が終わって、後輩たちの新チームがスタートした後からほぼ毎日に練習に参加。後輩たちが公式戦でも、学校のグラウンドが使用できたため、3年生を呼んで練習を行い。同級生のキャプテンが打撃投手を務め、木製バットの対応を進めてきた。

 「木製バットを握った初日はなかなか飛ばなかったのですが、2日目以降からは徐々に合ってきました。金属の時からスイング軌道はあまり変わらず、インサイドアウトのスイングで飛ばすことを心がけています」

 その非凡さを伺えたのがロングティーだ。取材日では粟飯原がライトのライン際に立ち、後輩の外野手たちが左中間のフェンス近くで構える。粟飯原は次々と鋭い打球を飛ばし、後輩たちはその打球に必死に食らいつき、捕球をしていた。市川監督は「現役の選手たちからすればこれ以上ない練習」と語るように、千葉の秋季地区予選を見ているからこそ分かるが、粟飯原ぐらい鋭いライナー性のフライを飛ばす選手は見たことがないので、本当に良い練習だった。

 この練習を見て分かるのは、粟飯原は、力任せで振っておらず、最短距離かつ強いスイングで、飛ばしているのだ。

 「ロングティーは力を抜いてインパクトの時に、思い切り力を入れてフォロースルーに入るイメージなので強く振って遠くへ飛ばすことを意識しています。強く振りながらも力みすぎない。振り回さない。そこは意識しています」

 木製バットでは金属の時と比べると若干、ボールの下を捉えてスイングをしている。打撃練習や、ロングティーを見た限りでは、木製バットを使いこなしており、あとは実戦でどれだけアピールできるかにかかっているだろう。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。