7月7日からテレビ東京ほか・人気アプリゲーム「八月のシンデレラナイン」原案の完全オリジナルドラマ「八月は夜のバッティングセンターで。」が絶賛放映中だ。このドラマでは1話ごとに、NPB、MLBで活躍したレジェンドが登場する。高校野球ドットコムでは、そんなレジェンドの生き様、野球観に、とことん迫った記事をお届けする。ぜひ読者の皆様には放送前にレジェンドの考えを知っていただきたい。

 ドラマ最終回は上原 浩治さんが登場する。巨人1年目に20勝を挙げ、NPBでは通算112勝をマーク。MLBでは13年にレッドソックスの世界一に貢献するなど、通算95セーブ、81ホールドをマークした。そして18年に巨人に復帰し、19年に現役引退を表明。現在は野球評論家として活躍する上原さんに高校時代、国際大会の意義について語っていただいた。

八月は夜のバッティングセンターで。」は、TVer、paraviなどで配信中。

野球ができるという幸せ


ーー 当時から野球部だけではなく、スポーツも盛んな東海大仰星に進学しましたが、どういうきっかけからでしょうか

上原 浩治氏(以下、上原) 自宅から近い高校で野球にも力をいれているので。

ーー 最初は外野手ということでしたが、甲子園に行きたい、どんなポジションでもいいからメンバーに入りたい気持ちでプレーをされていたのでしょうか

上原 最高学年になった新人戦は外野で試合に出ていました。3年生から控え投手としてメンバーに入りました。「甲子園に行く!行きたい!」というよりは、どちらかというと「みんな甲子園に連れていってくれ!」と思ってました。

ーー 最終学年に投手でしたが、同期にNPB、MLBで活躍した建山 義紀さんがいました。建山さんの存在は刺激になりましたでしょうか

上原 刺激というよりエースは建山だったので、甲子園に連れていって!と思っていました。

ーー 上原さんが人生を振り返って、浪人時代があったからこそ、成長できたと思うこと。その後の人生に生きたことはありますでしょうか

上原 やはり浪人した1年間は野球もできず、ほんとこの先の人生はどうなるんだろうと不安しかなかったです。だからこそ野球ができるという幸せを感じるようになりました。

ーー 大体大入学後は「プロ」というものを明確にして、練習に取り組んでいたのでしょうか

上原 日本代表に選ばれた時くらいから意識するようになりました。もともと入学した時は学校の先生になろうと思って大学に入ったので。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。