7月7日から人気アプリゲーム「八月のシンデレラナイン」原案の完全オリジナルドラマ「八月は夜のバッティングセンターで。」がテレビ東京ほかで絶賛放映中だ。このドラマでは1話ごとに、NPB、MLBで活躍したレジェンドが登場する。高校野球ドットコムでは、そんなレジェンドの生き様、野球観に、とことん迫った記事をお届けする。ぜひ読者の皆様にはレジェンドの考えを知っていただきたい。

 今回紹介するのは、18日の第6話に登場した吉見 一起(金光大阪出身)氏だ 2005年から2020年まで中日の主力投手として活躍した吉見氏は、11年には18勝を挙げ、優勝に大きく貢献。5年連続二桁勝利、通算90勝を記録した。その吉見氏の最大の武器といえば、コントロール。通算四球率1.57と、抜群の制球力を誇る。そんな吉見氏がいかにその投手に成り立ったのかを振り返る。

吉見一起氏がゲスト出演している「八月は夜のバッティングセンターで。」第六回は、TVer、paraviなどで配信中。

「コントロールが大事」腑に落ちるようになったのはプロ入り時代


 今でこそ「ミスターコントロール」、「精密機械」というキャッチフレーズがつくほど、制球力を高く評価される吉見氏。ただ高校時代、いやプロの若手時代までコントロールはあまり意識していなかった。

「コントロールの重要性を気づいたのはプロ入りになってからなんです。優先順位は球速でした」

 金光大阪時代は140キロ後半の速球を投げ込み、プロからも注目される投手となった。甲子園出場を狙う立場となっても、3年春に甲子園出場を果たすことになっても、その意識は変わらなかった。

「プロに行きたかったですし、球速は一番評価されやすい指標だと思っていましたし、チームメイトに『俺何キロ?』と聞いていました。速いボールを投げることしか頭になく、今振り返れば、かけ離れた優先順位でしたね」

 トヨタ自動車に入社し、プロで活躍する投手から人づてにコントロールの大事さを聞かれた。それでも速い球を投げたい優先順位は高かった。

「そこまでコントロールに対して、あまりこだわりはなく、狙うところを投げる練習はしなかったですね。とはいえ、高校時代と比べればコントロールの大事さは感じていましたが、それでも優先順位は速いボールを投げたい気持ちは強かったですね」

 吉見氏がなぜ速球に対してこだわりが強く、ハイレベルなトヨタ自動車でもその優先順位のままでいけたかといえば、試合を作れるだけのコントロールがあり、コントロールに苦労したことがなかったという。

 2005年、ドラフト希望入団枠で中日に入団。即戦力として期待される中、吉見氏がコントロールの重要性を自分の中で腑に落ちるようになったのは、名捕手・谷繁元信氏の助言や自分以上の速球投手を次々と目にして、考えが変わるようになった。

「自分より速い投手はたくさんいましたし、『コントロールを大事にしていったほうがいい』といろいろアドバイスをいただくことが多くなったんです。最初は腑に落ちなかったんです。ただ、一軍では一流の打者を抑えることはできても、超一流の打者には僕のボールの速さではきついと思うようになったんですよね。当時、言われていたことを思い返して、スピードを落としながら切れのあるボールをコントロールよく投げる方が抑えられるのではと思ったんですよね。そこからシフトチェンジをして、コントロールを意識するようになりましたね」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。