春から急浮上してきた選手が多いチームほど推進力が強い。そんなチームが山梨の日本航空である。今年の春は東海大相模相手に5対3で勝利した。そんな日本航空の投打を担うキーマンを紹介。続いてはエドポロ・ケインだ。189センチの長身からバネの強さを生かしたプレースタイルで本塁打を量産。東海大相模戦で3安打3打点の活躍を見せ、勝利に貢献した。夏の山梨大会でも活躍を見せている。

 そんなエドポロの歩みについて迫っていきたい。

関西弁のハーフ、LINEの長文で監督を驚かせた


  同僚のエース格であるヴァルデナ・フェルガスが冷静沈着な性格をした選手ならば、エドポロは陽気なキャラクターをした選手といえるだろう。ナイジェリア人の父と韓国人の母のハーフで、喋りはバリバリの関西弁。誰に対してもフレンドリーに接する姿に触れると親近感を感じてしまう。

 そんなエドポロは、大阪府大阪市出身。幼稚園の時から野球を始め、長男はジェイプロジェクトでプレーするエドポロ ジョセフ選手、そして次男は日体大柏までプレーしたエドポロ・キングさんがいた。体も大きく、長打力にも自信があったエドポロは中学時代、南大阪ベースボールクラブでプレー。関東一楠原 悠太など有力選手とともにプレーし、実力をつけたエドポロは一番最初に声をかけてもらった日本航空に進学することを決意する。

 また、尊敬する兄とは違う高校で勝負したい思いは常に持っていたという。自慢の長打力を1年から勝負し、ベンチ入りしたいと考えていたが、その構想はもろくも崩さってしまう。

「中学校のときと全然違くて、こんな中で最初やっていけるかなと思いました。自信あったのは長打力なんですけど、先輩たちは自分より全然飛ばすので、自信はなくなりました」

 それでも長打力アップの追求を怠らなかった。普段は陽気なキャラクターのエドポロだが、豊泉監督を驚かせたのがチームLINEのある一文だ。

「昨年の自粛期間は選手とはLINEでやり取りをさせていただいたのですが、エドポロが打撃について課題、こうしたいという内容がかなりの長文で送られてきたんですよね。見所があるなと実感しました」

 普段のエドポロのキャラクターを知っているだけに、その話を聞いて、驚いた。