目次

[1]「実りの秋」にできず、屈辱味わう
[2]フォームを改造、聖地に戻って雪辱誓う

 昨秋のドラフトでは秋広 優人二松学舎大附出身)、阿部 剣友札幌大谷出身)の2メートルコンビが指名された。ドラフト戦線において“大型投手”は、やはり各球団が求める選手の1人である。

 事実、選抜ではこの世代の大型投手の代表格・達 孝太天理)は大きな注目を浴びた。そんな“大型投手”と分類してもいい逸材が岡山の新鋭・岡山学芸館にいる。最速147キロを計測する184センチ右腕・仲村 竜である。

 今回は新チーム発足時の話やピッチングフォームについて話を聞かせてもらった。



前編はこちらから!
プロ注目の最速147キロ・仲村竜(岡山学芸館) 大型右腕が地元・沖縄から岡山へ飛び出したワケ【前編】

「実りの秋」にできず、屈辱味わう


 いよいよ迎えた新チーム。仲村の中では「夏の大会は苦しい場面で継投させてしまった」ことを反省して、完投できるような体力をつけること。そして中国大会優勝というところを目標に定めて練習に打ち込んだ。

 佐藤貴博監督も「今年は計算できる投手がいることが強みです」と語っていた通り、指導者間の中では投手陣への期待は大きかった。ただ、結果は苦しいものだった。

 エースナンバーを背負って再び秋の大会に入り、予選を突破して県大会にも無事出場。県大会に入っても順調にベスト4まで勝ち上がる。中国大会への出場権は3つあったため、残り1勝で中国大会への出場が決まる。

 大事な一戦となった準決勝の相手は、夏に敗れた創志学園。チームにとっても仲村も負けられない試合だったが、2対5で敗戦した。仲村は7回途中で3失点をして降板。投げ抜くことが出来ずにチームに勝利をもたらすことが出来なかった。

 翌日の3位決定戦の倉敷工戦でも仲村は先発のマウンドを任されるが、1回持たずに降板。試合には勝利したものの、エースとしてのピッチングが出来なかった。ここでのピッチングは仲村にとって忘れがたい試合となった。

「帰りのミーティングで自分のピッチングについて時間を作って話をしてくれて、自分の弱みとか沢山指摘してもらいました。『変わらないとダメだ』と一言ももらって。大きな経験だったと思います」

 しかし短時間で劇的に変わるのは難しい。中国大会の初戦・石見智翠館戦では3回持たずに4失点と苦しい結果。続く準々決勝・下関国際戦ではマウンドに上がることがなく、試合にも1対5で敗戦。目標だった中国大会優勝にはあと少し届かなかった。