目次

[1]職人というより牛若丸タイプ
[2]高校入学までに増量してパワーアップを


 2019年11月に愛媛県松山市で行われたU-15アジアチャレンジマッチ2019で、日本代表の選手たちに「目に止まった2年生選手」を聞く機会があった。フレッシュリーグに所属する佐賀フィールドナインからは、西田稀士郎投手、八谷晟歩選手(共に浦和学院1年)の2名が大会に参加したが、この二人が口を揃えて名前を挙げたのが筑後サザンホークスの江口翔人選手だった。

 持ち味はずばり守備と足。軽い身のこなしから流れるような動作でゴロを捌き、また「出塁すれば二塁打と同じ」と言われる程の俊足で数多くの盗塁を積み上げてきた。今回はそんな江口選手に、これまでの成長や高校野球での目標を伺った。

職人というより牛若丸タイプ


 「守備ではピッチャーを助けるファインプレーであったり、また当たり前のボールは当たり前に捌いてくれますし、ショートに打てばアウトにしてくれるという安心感がありました。走塁でも、彼には自由に走っていいよというサインをいつも出していて盗塁はチームで一番多かったです」

 そう語るのは、筑後サザンホークスを率いる佐々木 翔大監督だ。江口選手はこれまで、高い守備力と俊足で幾度となくチームの窮地を救い、また流れをたぐり寄せてきた。打線では1番打者として相手守備を引っかき回し、守備でも難しいバウンドや外野に抜けそうな当たりをことごとく止めて球際の強さが光る。

 167センチ・50キロと体はまだ華奢だが、体幹が強いためか打撃でも守備でも軸はぶれず、小学校時代には投手として121キロを記録するなど肩の強さもある。守備職人のタイプというよりも、グラウンド上を縦横無尽に駆け回る牛若丸タイプだ。

 そんな江口選手の野球ルーツには兄の存在がある。兄の飛向(ひなた)選手は、小学校時代はソフトバンクホークスジュニアに選出され、筑後サザンホークスでも同じポジションのショートして活躍。現在は龍谷大平安で奮闘中で、江口選手はいつも兄の背中を追いかけてきた。

 「野球を始めたのも、筑後サザンホークスに入ったのも兄の影響で、小学校まではキャッチャーなどをしていましたが中学からは同じショートになりました。始めは送球が安定しませんでしたが、兄にもずっと教えてもらって良くなってきました」

 また小学校6年時には、兄と同じようにソフトバンクホークスジュニアに選出された。初めは周りのレベルに圧倒されたと振り返るが、当時の新垣 渚監督(元福岡ソフトバンクホークス)をはじめ、元プロ野球選手から教わった経験は大きな財産になったと語る。

 「まずサインプレーが多くて驚きました。覚えるのも大変でしたし、意識の高さが違うなと思いました。チームメイトのレベルも高かったのですが、負けたくないという気持ちで練習しました」