第1298回 145キロ右腕・阪上翔也(神戸国際大付)が語った投手として飛躍した秋【後編】2021年01月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]17本塁打の打力を支えるバッティング技術
[2]投げられなかった悔しさ胸に投打で全国を沸かせる

 毎年野手であれば強打の選手、投手であれば剛腕を育てあげる兵庫の名門・神戸国際大附。秋は県大会を制して近畿大会に出場。近畿大会では初戦で近江との接戦を制してベスト8まで勝ち上がった。

 その神戸国際大付を投打で支えるドラフト注目選手が阪上 翔也(さかうえ)。投げては最速145キロをマークし、打っては高校通算17本塁打を放つスラッガーとして近畿だけではなく世代のトップ選手として今後の活躍が期待される。そんな阪上のここまでの歩みを追っていきたい。

 後編では1年生の秋以降の成長に迫っていく。

前編はこちらから!
ポテンシャルは坂口以上。二刀流・阪上翔也(神戸国際大附)が痛感した高校野球のレベル【前編】

17本塁打の打力を支えるバッティング技術



 その後、阪上はスタメンの座を勝ち取るが、秋は再び明石商の前に敗戦。3位で何とか近畿大会まで勝ち進んだが、初戦の智辯学園の前に2対4で敗戦。阪上は智辯学園戦ではノーヒットに終わるなど、明石商そして近畿の厚い壁に阻まれる形で1年目を終えた。

 それからオフシーズンは身体を大きくするべく、食事やトレーニングなど地道な練習に打ち込む時間を過ごす。すると現在までに180センチ85キロまで身体が大きくなり、必然的に打球が飛ぶようになった。

 ただ技術面も疎かにしているわけではない。阪上は普段から強く、伸びのある打球を打つことを心がけて練習をしているとのこと。そのためのポイントはインサイドアウトにあった。
 「まずは構えた時に力まないこと。そのうえで、インパクトの瞬間にボールに力を与えられるようにスイングをします。だからこそティーバッティングからバットを内から出せるように心がけています」

 寮からグラウンドまでは車で5分ほど離れた距離だが、この道のりの最中でもバットの出し方を意識して移動するなど、徹底して内からバットを出せるように工夫を凝らしている。

 夏の独自大会は3年生中心だったこともあり、1試合のみの出場に終わった阪上。8月7日の試合を最後に先輩たちが引退すると、本格的に新チームが始動。スタート直後は打者としての起用を想定した青木尚龍監督だったが「阪上が投げられなければ優勝は難しい」と語るほど、絶対的な投手陣の柱が不在の状況だった。

【次のページ】 投げられなかった悔しさ胸に投打で全国を沸かせる

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1298回 ポテンシャルは坂口以上。二刀流・阪上翔也(神戸国際大附)が痛感した高校野球のレベル【前編】 【2021年インタビュー】
第280回 今年も関西地区に好投手が続出!2021年度注目の高校生投手リスト21名【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第1110回 中学時代は日本代表のスターに隠れていた折笠利矩(日大二)が都内屈指の二刀流になるまで 【2020年インタビュー】
第1002回 「打倒・明石商 中森俊介から10点取る打線へ」育英(兵庫)野球部訪問【後編】【野球部訪問】
第1001回 「復活を目指す兵庫の伝統校」育英(兵庫)野球部訪問【前編】【野球部訪問】
第992回 来田、中森のドラフト候補コンビなど逸材が集結した兵庫県選抜!台湾遠征へ向けて逸材をピックアップ【大会展望・総括コラム】
第931回 明石商、神戸国際大附の二強を阻むのは?激戦区・兵庫は序盤から熱い!【兵庫大会展望】【大会展望・総括コラム】
第913回 「球威」と「制球」を両立させた伸び盛りの本格派 清水樹(秦野リトルシニア) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第353回 立教大学 飯迫 恵士選手 「常に首位打者を目指せる選手になりたい」 【2015年インタビュー】
第290回 神戸国際大学附属高等学校 竹村 陸選手「勝負強い男になって再び夏の甲子園へ」 【2015年インタビュー】
阪上 翔也(神戸国際大附) 【選手名鑑】
神戸国際大附 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー