目次

[1]「大変な年だった」2020年/「左脚股関節に重心を乗せる」で「151キロ」へ
[2]冬に課題を克服し2021年は「結果を出す」

 高知中で日本人中学史上初となる150キロをマークした森木 大智高知2年)。そんな彼にとって2020年は「波瀾万丈」だった。県独自大会が3年生のみの登録となったため、公式戦初登板は8月の県新人戦。センバツを目指した秋は最速151キロを連発する豪腕化に成功するも、県2位で進んだ四国大会初戦では高松商(香川)の前に膝を折ることに。いよいよ甲子園出場のチャンスは最後の夏だけとなった。

 では現在、森木投手は2020年をどう分析し、2021年に臨もうとしているのか?「限界突破」への意気込みを聞いた。


「大変な年だった」2020年


――まず、様々なこと。時に難しいことがあった森木投手にとっての2020年を振り返って頂けますでしょうか?
森木 大智投手(以下、森木):一言で言えば「大変な年」でした。年明けから新型コロナウイルス感染拡大の影響でなかなか野球ができずしんどかったし、みんなと野球ができない辛さを通じ、「仲間の大切さ」「野球ができる幸せ」を改めて感じました。
 その後に野球ができるようになり、夏に3年生チームが県独自大会を優勝したことで「僕らも続こう」とはなったんですが、うまく結果が出ず。もう一度自分たちの取り組みを見直さなければいけないことに気付けた年だったと思います。

――個人的な部分ではどうでしょうか?秋には151キロが出るなど収穫の部分もあったと思います。
森木:昨年8月頭くらいから自分の投球フォームについて、より真剣に、細かく取り組んだことが秋の151キロにつながったと思っています。球速について結果が出たことで、「取り組みをしっかりすれば結果が出る」が解った収穫がありました。

「左脚股関節に重心を乗せる」で「151キロ」へ


――投球フォームの改善についてもう少し具体的に教えて頂いていいですか?
森木:8月から秋の大会までは「左脚の股関節に重心を乗せること」をテーマにして練習やトレーニングに取り組んでいました。そこかしっかりできた時の収穫があった一方で、股関節に乗せる感覚がうまくいかなかった時の修正力には課題が残ったので、その修正法を見つけていくことが今後、大事だと思っています。

――修正力の部分で森木投手本人にとって一番悔いの残ったのは秋季四国大会初戦の高松商戦(8回147球7奪三振完投も11安打・四死球5・暴投3の5失点・自責点4で敗戦)ではないかと思いますが……。
森木:そうですね。左脚の股関節に乗せる意識が高すぎたことが裏目に出た試合でしたし、「自分の状態が悪い中でもチームが勝つために抑えないといけない」と試合中に思っていても、思いこみ過ぎて空回りして、周りが見えていなかった。そこは反省点だと感じています。