目次

[1]求めたのは中学3年時のフォーム
[2]期待と責任を一身に背負って頂点を目指す

 3年前、野球界に衝撃を与えた森木 大智高知)。軟式野球ながら150キロを計測し大きな話題となったが、その森木と熾烈な争いを演じた男を忘れてはならない。当時144キロを計測した伊藤 樹だ。

 現在は仙台育英のエースにまで成長し、最速147キロを計測するストレートに軸に多彩な変化球を駆使する世代屈指の好投手にまで成長した。ラストイヤーとなる2021年の高校野球界の中心となることは間違いない伊藤は、ここまで順風満帆のように見えるが、その道のりは決して簡単ではなかった。

 vol.2では1年生秋から昨夏の甲子園交流時代までの復活。そして新チームでの取り組みについて迫っていきたい。


vol.1の記事はこちらから!
スーパー中学生から147キロ右腕となった伊藤樹(仙台育英)がぶつかった高校野球の壁 vol.1

求めたのは中学3年時のフォーム


 フォームを見失った伊藤。再び輝きを取り戻すべく、目指したのは中学3年生の夏だった。
 「自分の中では3年生の夏の時のフォームが一番良かったので、まずはそこに戻すこと。それから硬式に対応したフォームにしようと思いました」

 3年前に取材した当時のころのフォームを目指し、自身の課題をすべて書き出して優先度を決めた。そのうえで、1つ1つ向き合って解決するべくネットスローの数をこれまで以上に増やした。

 「鏡を見ながらとにかくフォームを意識して投げたり、18.44メートルからは傾斜を使いながら軽く投げたり。あとは身体が流れやすいところがあったので、背中側に障害物を置いてネットスローをしました」

 並行してフィジカルの強化も忘れなかった。特に大事にしたのは柔軟性を磨くことだ。伊藤自身で調べて練習に取り入れるなど、胸郭を中心に柔軟性を鍛え上げて、故障を減らしながらスムーズに投げられるようにしてきた。

 こうして中学3年生の夏のフォームを維持したまま、出力を引き上げる。そのために、柔軟性を磨き、元々の出力を増やすためにトレーニングに打ち込む伊藤の冬が始まった。

 しかし復活した姿を見せるべく迎えた2度目の春は、新型コロナウイルスにより続々都大会が中止。練習も自粛となり、全体練習が出来ない日々が続いた。この期間を伊藤はどのように過ごしたのだろうか。

 「近くの公園や河川敷に先輩方と行って、とにかく遠投をしていました。自分は低く強いボールを投げようとすると体が開いてしまうので、遠投する時はリラックスした状態で、身体を捻って、真っすぐ綺麗に上に向かって投げるようにしました」