目次

[1]大阪桐蔭に突き付けられた苦い経験
[2]150キロ引っさげて春に大暴れする!


 2021年の高校野球界は投打にわたって逸材が揃う大豊作の1年となることが予想されている。そんな注目選手たちが揃う中でも高身長なのが天理達 孝太である。

 身長193センチ体重85キロという恵まれた体格から角度を付けたボールは、最速146キロをマーク。そこに落差の大きいフォークなどを織り交ぜる同世代の中でも好投手の1人であることは間違いない。

 そんな達はこの1年間をどのように過ごしてきたのか。今回は新チーム以降の取り組みについて迫っていきたい。

前編はこちらから!
先発完投型投手を目指して。達孝太(天理)が100球以上の投げ込みをして得たもの【前編】

大阪桐蔭に突き付けられた苦い経験


 そして今度はエースとして迎えた秋、天理は順調に勝ち上がり、決勝戦は近畿王者・智辯学園を破り、見事優勝を飾った。「背番号に関係なくチームに貢献するために投げました」という達のなかで最も良かったのが近畿大会の乙訓戦だった。

 「調子自体はあまり変わりなかったのですが、全く力むことなく伸びのあるボールを投げ込むことが出来ました。まだまだだと思っていますが、現状では理想に最も近い投球でした」

 達が語る通り、乙訓戦は9回を投げて被安打5、奪三振13の快投。ドラフト候補の実力をいかんなく発揮した一戦だった。だが、その反動は大きかった。翌日の大阪桐蔭との準々決勝は2回まで大阪桐蔭打線を0点に抑える好投を見せる。

 しかし3回に宮下 隼輔のホームランなどで一挙4点を失い苦しい試合展開となると、5回にも1失点。そして7回には打者10人に6安打を許して6点を失う。結果的に7回投げて三振は10個奪うも被安打11、失点11でコールドで敗戦した。

 「去年抑えられたことで自信を深めたので、もう1回絶対に抑えるつもりで投げていましたが、相手のレベルも上がっていて抑えられませんでした。今までで一番悔しい試合です」

 それからストレートの勢いや回転数を意識し、わかっていても打たれないストレートを目指して、日々の練習に打ち込んでいる。