目次

[1]まずは検証。高校野球が変われば、少年野球の指導者の意識も変わる
[2]神宮第二球場なき後の東京の高校野球

 いよいよ東京五輪イヤーである2020年だ。東京の高校球界も多大な影響を受けることになる。しかも2020年からは球数制限も導入され、高校野球にも変化の波が押し寄せてくる。まさに激動の1年に向けての思いを、東京都高校野球連盟の武井克時理事長に語ってもらった。

(聴き手:大島 裕史)

まずは検証。高校野球が変われば、少年野球の指導者の意識も変わる


――1週間に500球までという球数制限が導入されます。

武井 克時理事長(以下、武井) まずはデータを集めて検証していくというのが要件で、各都道府県の高校野球連盟がしっかり検証していくことになります。実際、トーナメントをやっていてかかってくるのは、準々決勝、準決勝、決勝なんですよね。そうした中で、どういうデータが出てくるか、1年ごとに検証してやっていく。とりあえず、やってみようということです。

 医者や理学療法士の話を聞いてみると、肩肘の問題が一番出てくるのは、小中学生からです。そうした中で高校野球が球数を制限することによって、障害予防の意識を、子供たちを教えている団体にも発信していこうという狙いもあります。高校野球が変われば、小中学生の子供たちを教えている指導者たちも、障害予防を意識するようになるのではないかという思いはあります。

――東京の場合は、試合ごとに球場も違うので、1週間に500球という制度を実施するのは、大変ですね。

武井  今回の制度の影響を、東京が一番影響を受けますよ。試合数が抜群に多いわけですから。しっかりチェックして次の試合に持っていかせて、最終的には管理を我々がして、この試合ではあと何球しか投げられませんよと、指摘していく必要がありますから。

――雨天などで、試合途中でノーゲームになった場合も、投球数にカウントされるわけですね

武井  そうなんですよ。ノーゲームになっても実際に投げているわけですから、数えないと駄目だろうという考えです。これからサスペンデッドゲームなども考える必要が出るかもしれません。