目次

[1]渡辺俊介に憧れてアンダースロー人生がスタート
[2]桐光学園入学後は挫折を痛感


 1998年世代は投手大豊作の1年。プロでは山本 由伸都城出身)、大学では早大の早川 隆久木更津総合出身)と実に多い。その中で異色の存在といえるのが立教大の中川 颯桐光学園出身)だ。高校時代から有名なアンダースローとして、二度の関東大会出場、最後の夏はベスト4。

 立教大進学後は1年春に大学選手権優勝を経験。61試合に登板し、10勝8敗、通算141奪三振と好成績を残し、今年のドラフトでは4位指名を受け、プロ野球選手になる夢を叶え現在、プロ野球界でアンダースローで実績を挙げたのはこの3人。

高橋 礼投手(福岡ソフトバンク)専大松戸出身
與座 海人(埼玉西武)沖縄尚学出身
牧田 和久(東北楽天)静清工出身

 中川はアンダースローで勝負出来る投手として評価され、夢を叶えることができた。では中川はいかにしてこの位置にたどり着いたのか。そのサクセスストーリーを振り返っていきたい。

続きはこちらから!
県内屈指のアンダースローのきっかけとなった帝京戦 中川颯(桐光学園ー立教大) vol.2
苦しみ抜いた中川颯(桐光学園ー立教大)が生み出したアンダースロー論 vol.3

渡辺俊介に憧れてアンダースロー人生がスタート


 中川が野球を始めたのは小学校1年生から。父親とキャッチボールをしているうちに自分に向いている投法がサイドスローだということに気づく。

 「もともと昔から平日に父親と投げ込みをしていて、投げている時に、リリースポイントが下がっていました。
 自然と、スリークォーター気味になっていて、小学5年生のときにプレーしていた少年野球のチームの投手がすごい良くて、彼もサイドスローでしたので、興味本位で真似したのがきっかけです。自分には結構合っていて、投げやすくて球威もコントロールも安定した覚えがあります」

 そして中学校では、横浜泉シニアでプレー。入学する前にアンダースローになる最大のきっかけを見つける。

 「日本シリーズで、千葉ロッテが日本一した時、渡辺 俊介さんが活躍されていて、それを見ていて、いざ中学にはいる時だと、身体も小さかったので、アンダースローにして、少しでも上で通用する可能性があるものを身に着けないと自覚があって、アンダースローにしました」

 中学生当初は150センチほど。渡辺が著した本も購入し、アンダースローの勉強を行い、投球フォーム、ストレートの投げ方などを学んだ。

 中学生になると成長期に入り、メキメキと身長が伸び、中学3年になる頃には180センチと高身長に。チームでは5番を打つようになり、チーム内では中心選手へ成長した。

 180センチと長身ならば、角度を生かしてオーバースローにする考えもある。しかし中川はアンダースローにこだわった。