東都二部の拓殖大の合格者が発表された。その中で注目したいのが、中央学院加藤 公翔だ。173センチ74キロとそれほど上背は大きくないが、高校通算30本塁打を超える長打力、俊敏な三塁守備が持ち味の左打者だ。合格者の中でも即戦力の活躍が期待できる加藤の成長を振り返る。

体、技術共に成長


 今、振り返っても凄い打撃だった。
6月に取材した時、木製バットで打席に立った加藤は次々と長打を量産。高校生の左打者としては完成度が段違いだった。

 そんな加藤は取手シニアから評判の選手。当時は、松濤友朗(専大松戸)、菊地 竜雅常総学院)といった好選手とともにプレーした。

 中央学院に進むきっかけとしてはシニアの先輩だった宇田 周平(中央学院大)、長沼航(日大国際関係学部)が活躍していることに影響されて入学を決めた。

 加藤は1年夏の大会が終わった8月下旬の練習試合から出番が与えられ、さらに初本塁打を放ち、一気に9本塁打を放つ。

 冬の間は徹底としたトレーニングを行った。体重も入学から10キロも増え、単純にパワーも増えてきたが、技術面の成長も大きい。

 加藤が行ったのは、ボールの見極め。1年生のときはボール球の変化球を振って凡退することも多かった。それが我慢できるようになったことで、打率も本塁打率も高まった。

「見極めも良くなったですし、打撃練習や練習試合では甘く入ったボールを1球で仕留めることを意識してすごい変わってきました」

 また課題の守備も苦手意識はあったが、「先輩からアドバイスをもらって、ボールの下を見るようにすること。また、一歩目を意識して、動いたことで守備力も向上してきたと思います」

 夏の大会前は篠木 健太郎擁する木更津総合と対戦することを目標としていた加藤。しかしその目標は叶わず、地区トーナメントで敗退となった。それでも能力が高い選手であることは変わりない。

 拓殖大で攻守で力を発揮し、躍動する選手になることを期待したい。

(記事=河嶋 宗一