コロナ禍により、例年とは違う日常を送った2020年もまもなく終わりを迎える。プロ野球も観客動員数に制限をかけながらシーズンを過ごしたが、今秋のドラフトも例年とは違う形で開催された。

 そこで中日から4位指名を受けた選手が今回紹介する倉敷工福島 章太である。176センチ89キロの大きな体を目一杯使ったフォームからは147キロの速球に多彩な変化球が繰り出される。中日の将来を背負う左腕にここまでの道のりを語っていただいた。

142キロを計測する剛腕として倉敷工へ


 6歳のころから野球を始めた福島。球界を代表する投手・山本 由伸都城出身)も卒業生にいる備前中学へ進学すると、部活動ではなくクラブチームの瀬戸内ボーイズへの入団を決意する。現在プロで活躍する頓宮 裕真岡山理大附出身)らを輩出する名門で、野手としてプレーする。

 その後、いくつかのチームから誘いをもらいながらも「投手として育てたい」という高田 康隆監督の猛烈なアピールを受けて福島は倉敷工への進学を決めた。

 「中学でも投手は少しやっていましたが、やはり野手よりも楽しかったので、高校では投手一本で考えていました。ですので、監督からのお誘いは決め手になりました」

 晴れて倉敷工の一員となると、最速142キロを計測する実力を評価され、入学して1か月もすると、福島はAチームへ帯同するようになる。本人も驚きの数字を出したことで経験を多く積むことが出来た一方で、福島の中では勘違いが生まれてしまったとのことだ。

 「上半身主導のフォームが染み込んでいたのですが、スピードが出たことで、より速いボールを投げようと速度ばかりを追い求めてしまいました。その結果、上半身に負担をかけたフォームのまま投げ続けてしまいました」

 先輩についていく形で、ひたすら走り込みをやっていたものの、上半身の力に頼ったピッチングをしていた福島。それでも1年生の秋にはエースナンバーを背負い、先輩や指導者からも信頼される投手に成長する。

 ただ大会は2回戦・玉野光南の前に敗戦。結果を残せないまま冬を迎え、トレーニングに打ち込む日々。この時も上半身を中心としたメニューを組み、下半身を疎かにしてしまったという福島。すると、転機は2度目の春に訪れた。