一緒に故障と戦っていた仲間がいたからこそ復活することができた


 トミージョン手術は手術して終わりではなく、そこからリハビリが大事だといわれる。関根は林助監督や大久保前監督から「完全復活は手術3割、リハビリ7割だぞといわれて。リハビリこそが大事ということで、4年春に復帰することを目標に取り組みました」

 トミージョン手術は執刀する病院によってリハビリテーションの段階は様々で、大学2年生の8月に手術した関根の場合は1ヶ月間、ギプスで固定。1ヶ月後には肘を曲げ伸ばしするリハビリテーションに入る。マッサージをしたりと徐々に可動域を広げていく。ようやくキャッチボールができるようになったのは半年後ぐらいだ。その間、投げられない苦しみがあった。

 「リハビリが大事といいながらも、周りは元気よく投げている中で自分は投げられない。早い投げたい気持ちはありましたね」

 その気持ちを抑えることができたのは大久保監督ら指導者陣の「焦るな」と言う言葉だった。また同級生には木澤 尚文(東京ヤクルト)、佐藤 宏樹(福岡ソフトバンク)と肘の怪我をしており、投げられない時期にはどうすればいいかアドバイスをもらっていた。「彼らからのアドバイスは本当に大きかったと思います」と感謝する。

 そして慶應大は投手陣が豊富。急がせることもなかった。

 「だからゆっくりと調整ができたと思います」と語るように大学3年の8月にはブルペンで立ち投げができる程度まで状態を取り戻していく。そして昨年の12月には打者相手に投球。チーム内の計測で146キロを叩き出し、故障前に近いボールを投げられるまでになる。

 「リーグ戦の神宮球場で146キロが出ましたので、それに近いストレートを投げられる事ができてよかったです」とじっくりと時間を重ねて調整したことで、関根は復活を果たした。