目次

[1]最後の夏でプロ入りを諦めていた
[2]林助監督から専門的な指導を受け、成長。しかし2年生のときにトミージョン手術に


 今年、プロから指名を受けた木澤 尚文(東京ヤクルト1位 慶應義塾高出身)、佐藤 宏樹(福岡ソフトバンク育成 大館鳳鳴出身)を受けた投手たちとともに投手陣の柱として注目された関根 智輝都立城東出身)。

 高校時代は夏の大会で帝京相手に完投勝利を挙げ、ベスト4入りと都内屈指の好投手として活躍した。あれから4年、関根はいかにして慶應大でもドラフト候補へ上り詰めたのか。まずは高校最後の夏から開幕投手となり勝利を飾った鮮烈デビューを飾った下級生時代を振り返る。

最後の夏でプロ入りを諦めていた


 関根がドラフト候補として評価が急上昇したのは高校3年春だ。都大会でもベスト8入りを果たし、最速145キロにも到達し、大会直前の練習試合でも二桁奪三振を奪うなど、圧巻の投球を見せていく。実際に練習試合の投球を見たことはあるが、常時140キロ台。スライダー、カーブの落差も素晴らしく、面白いように空振りを奪っていた。

 「今、振り返れば、大会前の練習試合が一番良かったと思います」と笑う関根。打線も好調で、関根だけではないチームとして熱心な城東ファンからは2001年以来の甲子園出場も大きな期待がかかった。

 しかし大会前、関根は胃腸炎にかかってしまい、大会序盤は寝込む日々。復帰登板をしたが、本来のストレートを投げることはできなかった。この大会の活躍次第で高卒プロも考えていたが、「この投球ではプロは無理だなと。ベスト4まで行かせていただきましたが、打線に助けてもらった試合も多く、大学から目指そうと思いました」

 そこで関根は池上 茂前監督のススメから東京六大学を目指すことを決める。

 「前監督の池上さんは東京大出身なので、あの大応援団がいる神宮球場で野球をやるのは、とてもいいことだと聞いていて、その中で慶應を勧められました。『今、慶応は投手が少ないからすぐ投げられる可能性があるよ』と聞いて、それで受けてみよう」

 そして難関のAO試験を合格し、慶應大入学が決まった。合格が決まった心境をこう振り返る。

 「ちょうど合格発表日が学校の定期テスト期間中でした。親から合格発表の連絡をいただいて、とてもほっとした記憶があります。AO試験から合格発表まで1週間ぐらいの期間がありましたが、とにかく長かったですね」

 慶応は関根に対する期待は高かった。長年、エースとして活躍した加藤 拓也(現・矢崎拓也 慶應義塾高出身)がプロ入りし、柱となる投手が不在。関根は佐藤とともにチャンスを与えられ、石垣島のキャンプにも参加。そこで、当時の林卓史助監督に教えを受けることになる。