秋季東京都大会は有観客で開催され、無事に大会が終わった。東海大菅生日大三による決勝戦は東海大菅生の6年ぶり3度目の優勝で幕を下ろし、2020年の高校野球はすべて終了した。2021年こそ例年通り大会が開催されることを願いたいところだが、2021年に飛躍したい左腕が都立城東林 平太郎だ。

 1年生秋に向かえた2019年の都大会ではチームのベスト4に貢献。エースとして活躍し、当時は林 優樹近江出身)を彷彿とさせる投球フォームが都内で話題となった。そして今夏の東東京大会では一回り大きくなった林は再びエースとしてベスト8進出に導いた。

チームのことで精いっぱいだった小中学時代


 そんな林の野球人生の始まりは小学3年生。梅田レッドホースの練習を見て、「野球をやりたい」と思い、野球の世界へ飛び込んだ。「昭和っぽい根性みたいなところがあって、練習はきつかったです」と苦笑いを浮かべながら振り返る。

 当時から制球力を武器にピッチャーとして活躍。葛飾区の大会で決勝戦まで勝ち進んだ経験があるものの、都大会等での登板はなかった。

 その後、林は葛飾区立大道中学へ進学。野球部に入り、軟式野球を継続する。中学野球に変わっても壁を感じることなくプレーできていた林。ただ大道中では、梅田レッドホース時代とは違った厳しさを感じていた。

 「人数が少なかったです。同級生は6人いましたが、1学年上は1人。2学年上は5、6人でした。練習はしっかりやるんですが、人数が少なくて大会に出られないこともありました」

 結果、林は大道中時代も目の前の試合に全力を注ぎ、自身のピッチングに対して細かく考える余裕はなかった。ただ、「自分だけの力で勝つことが出来ない。野手と力を合わせて抑えないといけないことは学びました」と意識に変化が生まれた。

 真っすぐとカーブを軸に、コントロールを武器に頑張っていた林は、都立城東へ進学するが、その理由は学校が近いからだった。

 「練習も見たことがありませんでした。特別な思いとかはなくて、願書を出してから野球部の強さを知って。実際に入部してからも人数の多さには驚きました」

 またここから硬式野球に変わったが、林の中では戸惑いがあった。

 「中学までに硬式をやっていたから上手いとは思っていなかったので、『全然勝負できる』と思っていたんですけど、思うようなピッチングはできていませんでした」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。