第1275回 北海道から来た144キロ右腕・松田和真(花咲徳栄)。全国のライバルたちに負けない成長を2020年11月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

高安悠斗、堀越啓太と全国にいるライバル存在



松田和真(花咲徳栄)

 松田はベンチ入りするために直球、変化球の精度を高め、結果を残すことにこだわった。練習試合でも好投を続け、最速144キロを計測。ベンチ入りを果たし、秋の地区予選で公式戦初登板を果たした。

 大会後は調子を崩し、思うようなスピードが出ないことはあったが、それでも指にかかった時の球威は抜群。125キロ前後の縦横のスライダーの切れ味も抜群だ。

 今はフォームのバランスを取り戻し、さらに球速アップを実現する。
「自分はスピードが課題なので、しっかりとフォームのバランスに気をつけながら、変化球も磨いていきたいです」

 同期の高安 悠斗堀越 啓太も意識するが、やはり全国の好投手たちも強く意識する。
旭川実の田中くんは急激に良くなりましたし、森木(大智・高知)投手を含め、この世代には良い投手が本当に多いので、負けたくない気持ちが非常に強いです」

 目指すは150キロ。花咲徳栄の全国制覇に貢献した清水 達也(中日)、綱脇 慧(東北福祉大)のような急激な成長をしたいと思っている。

 その成長が実現すれば、花咲徳栄にとっては大きな力となるだろう。史上最強の投手陣を築き、4年ぶりの全国制覇を目指す。

(記事=河嶋 宗一



この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第113回 「強打の花咲徳栄」復活へ どんな投手にも対応できる術を身に着け、成長中【野球部訪問】
第1277回 威力はチームでトップクラス。143キロ右腕・堀越啓太(花咲徳栄)がエースになるための課題 【2020年インタビュー】
第1276回 ライバルを倒し、ライバルと甲子園で投げ合うことを夢見る143キロ右腕・高安 悠斗(花咲徳栄) 【2020年インタビュー】
第1274回 小、中学校時代のライバルは高校通算40本塁打以上のスラッガー。遅咲きのスラッガー・冨田隼吾(花咲徳栄)の決意 【2020年インタビュー】
花咲徳栄vs東日本国際大昌平【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
第1270回 木製バットでも長打は健在!高校通算50本塁打のスラッガー・井上朋也(花咲徳栄)が目指すは「3割、30本塁打のスラッガー」 【2020年インタビュー】
第151回 生駒ボーイズ時代の恩師が語る井上朋也(花咲徳栄)「打撃に関してはすごくストイック」【高校野球コラム】
花咲徳栄vs蕨【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
第1017回 全国クラスの実力を持った浦和学院、花咲徳栄を筆頭に今年は激戦!各ブロックを徹底分析!【大会展望・総括コラム】
花咲徳栄vs三郷工技【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県地区予選】
第1017回 浦和学院と埼玉栄が同ブロック!また夏の再戦も!県大会出場40チームをかけた埼玉県地区予選の見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1230回 強打の花咲徳栄を支える技巧派エース・高森陽生。レベルアップの鍵となったのは指先と体重移動だった 【2020年インタビュー】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
松田 和真(花咲徳栄) 【選手名鑑】
花咲徳栄 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー