目次

[1]北海道・網走から埼玉の花咲徳栄へ
[2]高安悠斗、堀越啓太と全国にいるライバル存在


 全国的にもトップレベルの投手力を誇る花咲徳栄。その中で公式戦登板はわずか1試合ながら高く期待されているのが松田 和真(よしまさ)だ。180センチ85キロと恵まれた体格から最速144キロをマークする。北海道網走出身の豪腕は来季のブレイクを目指し、日々、レベルアップに励んでいる。

北海道・網走から埼玉の花咲徳栄へ


 北海道網走出身の松田。小学校時代は北海道日本ハムジュニアのセレクションに合格し、NPBジュニアトーナメントに出場。ここで、松浦 慶斗大阪桐蔭)と知り合いになる。

 中学では十勝帯広シニアでプレーし、最速138キロを計測する速球投手として活躍した。なかなか花咲徳栄に馴染みがない北海道出身の松田がなぜ花咲徳栄に誘われるようになったのか。それは侍ジャパンU-15代表を目指し、成田で開催されたセレクションに参加したことがきっかけだった。落選をして、代表入りはならなかったが、そこでもプレーが花咲徳栄の関係者の目に留まり、誘いを受けた。松田自身、道内の強豪校に進んでプレーしたい思いが強かったが、さらなるステップアップを目指し、花咲徳栄の進学を決断する。

 入学すると周りのレベルの高さには驚かされた。上級生にも同学年にも速球投手が揃い、圧倒された。「自分はそれほど強いチームでプレーをしていなかったので、周りにすごいと思う選手はあまりいませんでした。ただ花咲徳栄に入ってみるとみんな凄い投手ばかりで圧倒されましたね」

 それでも松田は技術的に改良を行い、中学時代のステップ幅6歩から5歩半に狭めたことで「感覚的にもしっくりきました」と球速も伸びて、1年夏に142キロを計測。それでも周りのレベルは高く、2年夏までベンチ入りはできなかった。