第1272回 目指すは甲子園で勝つこと。智辯学園エース左腕・西村王雅の武器は巧みな駆け引き2020年11月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

二度目の甲子園で好投。今度はより多くの勝利を導ける投手に



西村王雅(智辯学園) ※写真は秋季近畿大会より

 甲子園交流試合は1試合限定。3年生とやれるのは最後になる。相手は甲子園が開催されていれば優勝候補として期待されていた中京大中京だ。いきなり初回に味方のエラーなどもあり3点を先制され、苦しい立ち上がりとなる。

 「相手は優勝候補といわれる中京大中京さんですし、たしかにエラーはありましたけど、『しゃあない』と思っていました。自分の気持ちが切れていたら、ずるずるいってしまうので、2回以降から気持ちを切り替えていきました」

 

 2回以降は落ち着きを取り戻し、無失点投球。そして4回裏には高橋から適時打を放ち、同点に持ち込む。
「3年生と一緒にプレーできる最後の甲子園でしたので、かなり緊張はしたんですけど、本当に速かった高橋さんからタイムリーを打つことができて落ち着くことはできたかなと思っています」

 試合は延長までもつれる試合となり、延長10回裏にサヨナラ負けを喫したが、巨人3位指名の中山 礼都、早稲田大進学の印出 太一を1安打ずつに抑え、終盤以降は完全に抑え込むなど実力はしっかりとアピールに成功した。

 甲子園後は制球力を高めることと伸びのあるストレートを投げることをテーマに練習に取り組んできた。

 そして秋から正捕手となった植垣洸とコミュニケーションをとりながら、勝てるための投球術を考えてきた。打者の動きを見て投球ができる西村は捕手のサインに首を振りながら最善の投球を心がけてきた。

 大会前の決意として、「近畿を勝ち抜いて、選抜を目指していきたい」と意気込んだ西村は粘り強い投球を続け、近畿大会に出場。1回戦、準々決勝では完投勝利を収め、そして決勝の大阪桐蔭戦では3失点完投勝利を挙げた。

 開催されれば、来春の選抜で3度目の甲子園のマウンドとなる。この舞台で2年生のときよりも成長した姿を見せるつもりだ。

(記事=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第170回 岡本、廣岡、太田など智辯学園のプロ、高校、大学野球界で躍動する7人のスラッガーたち【高校野球コラム】
第1030回 センバツ選考も難航か 2020年もハイレベルだった近畿地区の2021を占う【大会展望・総括コラム】
第1023回 甲子園がなくてもハイレベルで激戦だった2020年の近畿地区【近畿・総括】【大会展望・総括コラム】
第157回 2018年U-15代表の現在地。野手陣もそれぞれ強豪チームの中心選手に成長【高校野球コラム】
第1050回 9年ぶりの近畿大会優勝を果たした智辯学園の猛打を支える実戦的打撃練習【野球部訪問】
智辯学園vs大阪桐蔭【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs平城【奈良県 2020年秋の大会 令和元年秋季近畿地区高等学校野球大会奈良予選】
中京大中京vs智辯学園【2020年甲子園高校野球交流試合】
智辯学園vs橿原【奈良県 2020年奈良県高校夏季野球大会】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1014回 驚異的な球速アップの要因は「右手の小指」。たどり着いた剛速球右腕への道 池田陽佑(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第496回 智辯学園高等学校 福元 悠真選手「絶対に打てるという自信を持てるほど練習を重ねていきたい」【後編】 【2017年インタビュー】
第494回 智辯学園高等学校 福元 悠真選手「4番打者として選抜優勝も自分の未熟さを実感した」【前編】 【2017年インタビュー】
第492回 智辯学園高等学校 太田 英毅選手 「目指すはセンバツ二連覇!」 【2017年インタビュー】
西村 王雅(智辯学園) 【選手名鑑】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー