2018年、WBSC U-15 ワールドカップを経験したU-15代表。代表選手は各高校で活躍し、その中でドラフト候補として期待されているのが小畠 一心智辯学園)だ。185センチの長身から最速144キロの速球とキレのあるスライダーを投げ、1年生の時から活躍を見せる。

1年夏で味わった甲子園の洗礼


 オール住之江ヤング時代から評判が高かった右腕・小畠。進学先に選んだのが智辯学園だった。「まず小坂監督さんからお誘いいただいたことが大きかったこと、智辯学園が甲子園で野球をしている姿を見て、このユニフォームをきてやりたいと思ったのが1つです」

 小畠は1年春からベンチ入りし、近畿大会でも登板。そして甲子園でも登板。順調なデビューを飾る一方で、レベルの高さを痛感していた。「1年からベンチに入らせていただきましたが、中学時代とはレベルがまるで違いますし、打者の体つきは全然違っていて、打たれることも多く、高校に入ってから考えて投げる事が増えました」

 小畠の甲子園デビューは八戸学院光星戦に先発した小畠は武岡龍聖(東京ヤクルト)、近藤 遼一(天理大)に本塁打を浴び、2.0回で降板し、4失点と高校野球の洗礼を浴びた試合でもあった。そこから投球に対する意識を少しずつ改めていった。



投内連携に入る小畠一心(智弁学園)

 「中学校のときは力でいって、多少のばらつきがあっても抑えられたのですが、そのまま高校でやってしまうと、力で投げて、負けてしまうので、コントロールとキレが大事だと思っています」

 1年秋もベンチ入りし、近畿大会に登板。そしてセンバツ出場が決まり、1年生のときに味わった悔しさを糧に甲子園で成長した姿を見せようと思っていた矢先に中止が決まった。自粛期間中はしっかりと体作りを行い、体重も入学から10キロ以上増え、185センチ80キロまでサイズアップ。中学時代から上背はあったが、腰回り、お尻などが大きくなり、明らかにたくましくなった姿があった。

 8月の練習試合では最速144キロを計測。この時、力いっぱいを投げたものではなく、コントロール重視をして投げたという。つまり体作りによってエンジンが大きくなり、7,8割の力で140キロ台の速球を投げられるようになっていた。体作りだけではなく、技術的にも工夫したことが大きいようだ。

 「ストレートを投げる際に指の間を広げたりと、さらに遠投をする際に高い球を投げたりして、手首を立てて投げたりするなど、ストレートの質を高めるために意識してやっていきました。力が入っていない状態。コントロールを意識した状態でスピードが出ているので、もっと(球速)は上がるのかなと思っています」