2020年のドラフトも終わり、早くも2021年のドラフト候補生を取り上げられはじめた。今年は投手、野手ともに逸材が揃う世代ということで前評判が高いが、その世代の隠れた逸材が和歌山にいた。

 それが高校野球界の名門・箕島のエースナンバーを背負う、中川 大雅だ。

兄に導かれるように野球、そして箕島の道へ


 兄が箕島のOBで、現在は横浜DeNAベイスターズで奮闘する中川 虎大。その兄の影響で小学1年生から貴志少年野球団で野球を始めた中川 大雅。最初から投手というわけではなく、外野手として活躍。本格的に投手を始めたのは小学4年生からだが、5年生になったときには再び野手中心でプレーをする。

 貴志少年野球団では支部大会で優勝を経験し、貴志中へ進学して部活動で軟式野球を継続。俊足を生かして広い守備範囲を誇る外野手としてプレー。投手をするときは先発したピッチャーが崩れた時で、リリーフでの登板がメインとなっていた。

 当時のピッチングを振り返ってもらうと、このように語る。
 「変化球があまり入らずに、ストレートで押していく。力勝負のピッチングとなっていました」

 ピッチャーというポジションを「勝敗に大きく関わる負担のある場所です」と認識はあったものの、ボールを自在に操ることはできなかった。その中でもストレートにはあるこだわりを持っていた。

 「当時は走り込みやキャッチボールを大事にしてきましたが、特にキャッチボールをするときは指先の掛かり方をポイントにしてきました。その時は回転数の多いボールを投げたかったので、いかに指先でボールを切れるか。そこを意識しながら取り組んでいました」

 そして兄・虎大の影響を受けて自身も箕島の門を叩くことを決心。高校野球の世界に飛び込み、本格的に硬式ボールを使って投げることになるが、ボールの変化によって中川の中でも意識の変化が生まれた。

 「中学の野球部を引退してすぐに硬式を使って練習をしてきました。そのなかで、回転数の多いストレートを投げるには、“切って巻くように投げる”イメージに変わりました。それが結果的に伸びのあるストレートを投げられる理由になっています」