東都三部ながら、最速153キロ右腕の近久 輝(東農大)。

 東邦高校時代は藤嶋 健人(中日)、松山 仁彦(東海大)に続く147キロ右腕として注目を浴びる存在だった。東農大に進むと、エースへ成長し、プロ志望を表明して今シーズンに臨んでいた。チャンスをかけて取り組む近久の野球人生を追っていくと、何か親近感を持てる選手だった。

 後編では近久の大学での取り組みに迫っていく。

前編はこちらから!
藤嶋の陰に隠れて、プロ注目の153キロ右腕となった近久輝(東農大)。劣等感を抱えていた東邦時代【前編】

大学に入って周りを見る余裕ができてきた


 東邦時代の教えが実を結ぶのは、東農大に入ってからだ。
 「今まで木下さんに良い教えをもらっていても、自分は試合に投げられなかったので、それを実践する機会がなかったんですよね」

 ただ自信をもって身になったことは、東邦時代の投手トレーニングを計画的にできるようになったことだ。このトレーニングも木下コーチの考案のものである。
「たとえば、体幹トレーニング、ランメニューも負荷のかかり具合、メニューによって、A、B、Cとランク付けされていて、自然とこの日は体幹トレーニングのA、この日は体幹トレーニングのBと組み立てながら過ごしていました。東邦の投手陣はメニューを頭の中で覚えて卒業をしていくので、それは大きかったと思います」

 また大学は高校のように自主性が問われる。そして投手としての考え方も大人になってきたと実感する。
 「高校時代の自分は短気で、あまり考えられる選手ではなかったと思います」

 ただ大学では周りの選手を見る余裕ができた。大学で活躍するには、練習するだけではなく、周りのレベルを知らないと課題が見えてこない。
 「東都二部の選手は、投手も、野手も本当にレベルが高い。ただ抑えている投手、良い球は投げているのに、抑えられない投手は何が違うんだろうと考え始めたのが2年秋からですね。それまで投げることに精一杯でしたが、少しずつ投球を覚えるようになってきました。たとえば四球を出すにしても、ここは勝負を避けて四球にしたほうがいいなど、状況を考えながら投げられるようになったと思います」

 2年秋は6試合を投げて、防御率1.74と好成績を残し、3年春は自己最多の9試合に登板。3年秋は6試合ながら、29.1回を投げ、防御率2.45と主力投手として結果を残し、自己最速の153キロを計測。試合を作ることを意識しながらも腕を強く振ることは忘れなかった。
 「腕が縮こまったらお前の持ち味はなくなる。それは木下さんからずっと言われていたことでした」

 3年秋が終わる頃にはドラフト候補として注目を浴びるようになる。