目次

[1]藤嶋を見てベンチ入りは無理と悟った
[2]ベンチ外となって、逆に成長ができた

 東都三部ながら、最速153キロ右腕の近久 輝(東農大)。

 東邦高校時代は藤嶋 健人(中日)、松山 仁彦(東海大)に続く147キロ右腕として注目を浴びる存在だった。東農大に進むと、エースへ成長し、プロ志望を表明して今シーズンに臨んでいた。チャンスをかけて取り組む近久の野球人生を追っていくと、何か親近感を持てる選手だった。

藤嶋を見てベンチ入りは無理と悟った


 一流選手の軌跡を追っていくと、違う世界の人間と感じてしまうことが多い。こんなに素晴らしい考えでやっているのか、才能も、意識も何もかも違うと劣等感を感じる方もいるだろう。だが、近久がこれまでの野球人生を語ったときの本音を聞くと、何か「俺らと変わらないじゃん…」と妙に親近感を持てるような選手だ。

 東邦高校の東郷グラウンドがある愛知県豊明市出身の近久は小学校3年生から野球をはじめ、沓掛中(くつかけ)時代は、名古屋HBCクラブ (中学生軟式野球クラブ)に所属。当時から球速には自信はあったが、コントロールは悪く、フィールディングにも自信がなく、強豪校でプレーすることは全く考えていなかった。
 「声がかかったところに行こうと思っていました」

 ただ、東邦のセレクションに試しに参加したところ、軟式ながら137キロをマークし、東邦の関係者から「硬式ならば140キロを出せる!」と期待され、入学が決まる。

 しかしいざ入部してしまうと、場違いの感覚に陥った。同期には藤嶋、松山の2人だけではなく、中学硬式で活躍し、さらに135キロ以上の速球を投げる投手が2,3人もいたのだ。「藤嶋や松山だけではなく、同級生にも良い投手はたくさんいて、ベンチ入りは無理だと思いましたね。そして藤嶋は1年夏から甲子園で活躍していて、とても同学年とは思いませんでした」

 どうすれば生き残ることができるか。
 「ボールの速さには自信がありましたので、チームで一番速い球を投げようと思いました」

 その結果、1年生大会では登板を果たし、143キロをマーク。それでも2年秋まで公式戦の登板機会はなかったが、層が厚い東邦投手陣で自分の武器を見出すことができていた。そして2年秋にはベンチ入りも果たす。念願というか、近久にとっては驚きのベンチ入りだった。
 「先ほども話したんですけど、藤嶋は本当に自分にとって別の世界にいる人という意識が強くて、ベンチにはいれる手ごたえはなかったんですよね。2年秋は気付いたら入っていたという感じでした」

 なんと初登板は明治神宮大会の青森山田戦だった。
 「(森田)監督から、初戦が終わって、「次の日はお前が先発な」と。高校の初の先発が神宮かよ!と(笑)」

 結果は3回を投げて3失点だった。
 「自分としては納得できなかったのですが、監督から「初めての神宮でここまで投げられたのだから上出来だ!」といわれたのですが、それでも悔しい思いをしたのは覚えています」

 その悔しさが冬の練習へのモチベーションとなった。

 それから冬では、コントロールを向上することをテーマに練習に取り組んだ。
 「これまでの試合を振り返っても、やはり自分のボールをコントロールできていなかったので、体のバランスを整える練習、感覚をつかむ練習などをしてきました。」