第1266回 中森とともに36年ぶりの公立校複数ドラフト1位をあるのか?超高校級スラッガー・来田涼斗(明石商)の決意【後編】2020年10月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

来田涼斗(明石商)

 2018年の選抜、その男は一気にその名が広がった。準々決勝・智辯和歌山戦で先頭打者、そしてサヨナラ弾を放った明石商来田 涼斗。同級生・中森 俊介とともに2020年のドラフト戦線を牽引するスラッガーは、さらなる成長のためにどういった課題と向き合ってきたのか。

前編はこちらから!
超高校級のスラッガー・来田涼斗(明石商)課題克服のカギとなったのは「シャトル打ち」!?【前編】

9か月間の成果が出た外野フライ


 実戦感覚が戻ってこないまま、未完成の状態で夏の大会に入った来田。ただ試合を重ねていくごとに「少しずつですが、実戦感覚が戻ってきました」とバッティングは復調の兆しがあった。

 初戦の高砂戦では2打数1安打。全打席出塁すると、2戦目・加古川東戦では高校通算34本塁打となるホームランなど2安打5打点の大暴れ。3戦目となる小野戦では4打数1安打だったが、確実に調子が戻ってきた。

 大会は日程の関係で、5回戦で打ち切りとなり、明石商神戸第一戦が最終戦となった。この一戦では控え選手がスタメンに名を連ね、来田はベンチスタート。6回に代打から出場したが、試合は延長の末に敗れた。

 しかし来田は主将として成果を残せたことを感じていた。
「普段であれば大会のメンバーが固定になるところ、今回は入れ替えが可能でしたので、普段出られない選手が活躍することでチームは盛り上がりました。チームの状態も上がっていたと思います」

 ともに頑張った3年生全員が出場できたが、一方で最終戦の神戸第一戦で悔しさをにじませた。
「5、6回までは控え選手が出場していて良いゲームでしたが、勝ち切れなかったのは僕らのせいです」

 特に延長10回に迎えた打席を悔やんだ。ランナーが2人おり、一打勝ち越しのチャンスで、結果は外野フライ。「実力不足ですし、詰めていかないといけない部分です」と反省する。ただ、捉えたボールはインコースだった。

 「インコース高めのボールを綺麗にさばいたのですが、結果的にアウトになりました」と語るが、2戦目の加古川東戦でもインコースのボールをスタンドに運んでいる。つまり昨秋の時に課題だったコースのボールを捉えているのだ。

【次のページ】 最後の甲子園で感じた難しさ。そしてプロへの覚悟

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第283回 スラッガー、守備職人、好捕手ズラリ。2021年ドラフト注目野手リスト33名【ドラフト特集コラム】
第280回 今年も関西地区に好投手が続出!2021年度注目の高校生投手リスト21名【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第280回 北海道の速球王など2021年度注目の高校生投手リスト32名【東日本編】【ドラフト特集コラム】
第280回 「森木世代」はスラッガー揃い。清宮弟、前川、吉野、有薗など10人の全国レベルのスラッガーたち【ドラフト特集コラム】
第280回 2021年は「森木世代」。森木大智を含めた150キロ右腕5名、さらに150キロ左腕、191センチ左腕と世代をけん引する10人の投手たち【ドラフト特集コラム】
第1271回 指揮官も絶賛する高校通算32本塁打・土井翔太(郡山)が近畿大会で得た経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1100回 東都三部に潜む153キロ右腕・近久輝(東農大)の成長の原点は高校時代のコーチがあったから【後編】 【2020年インタビュー】
第1099回 藤嶋の陰に隠れて、プロ注目の153キロ右腕となった近久輝(東農大)。劣等感を抱えていた東邦時代【前編】 【2020年インタビュー】
第1271回 奈良にいた強肩強打の逸材!通算32本塁打・土井翔太(郡山)の土台は中学時代にあった!【前編】 【2020年インタビュー】
第1270回 木製バットでも長打は健在!高校通算50本塁打のスラッガー・井上朋也(花咲徳栄)が目指すは「3割、30本塁打のスラッガー」 【2020年インタビュー】
履正社vs明石商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
明石商vs智辯和歌山 2【第91回選抜高等学校野球大会】
来田 涼斗(明石商) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー