目次

[1]高校時代の熱が失われていた
[2]なぜ峯本はJFE東日本に採用されたのか?
[3]JFE東日本に入って高校時代の熱い気持ちを思い出した

JFE東日本に入って高校時代の熱い気持ちを思い出した



JFE東日本・峯本匠(大阪桐蔭出身)

 チームに合流し、練習を重ねていくうちにつれて、高校時代の気持ちを思い出した。
 「当時は本当にしんどい練習だったんですけど、それで甲子園で優勝ができてとても良い思いができました。
 社会人に入って、ところん練習をして結果をどんどん出せる過程は高校時代を思い出す感じで、野球がどんどん楽しくできていましたね」

 そして峯本は昨年の都市対抗大会の優勝に貢献。1年間のパフォーマンスが評価され、二塁手部門でベストナインを獲得した。この1年の活躍に「出来すぎ」と語りながらも再び落合監督やJFE東日本の環境に感謝の想いを語った。
 「落合さんからは自分が持っているものを出してくれと言われて。『お前が実力を持っている選手であることは俺も知ってくれているから』と。非常に気持ちが楽になりましたし、それ以上もそれ以下も求められない。だからすごいやりやすくて、自分がやりたい野球ができる。それは僕だけではなくて、他の選手についても同じスタイルなんです。チームがそういう方向性だからとてもやりやすかったですね」

 峯本の言葉にあるように、峯本以上の個性派である今川 優馬東海大四出身)も自身の打撃スタイルを尊重され、今ではアマチュア屈指のスラッガーの実績を残している。JFE東日本の環境が峯本を蘇らせたと言っても過言ではない。

そして2年目はこう意気込んでいた。
 「やはり走塁が課題になったので、公式戦では二桁盗塁を記録することを目標にやっていきたいです」

今年はコロナの関係で多くの公式戦が中止となり、JFE東日本の実質的な公式戦は都市対抗しかない。アピールするのはオープン戦のみ。それでも峯本はスカウトの心をくすぐるようなパフォーマンスを見せて、プロの世界を切り開くことができるか。

 

(取材=河嶋 宗一