10月26日に迎えたドラフト会議。今年の高校生投手でトップクラスの評価を受けているのが山下 舜平大福岡大大濠)の注目度が大きく高まっている。

 189センチの長身から振り下ろすアベレージで140キロ後半を記録する圧倒的なストレートは角度があり、ブレーキの利いた精度の高いパワーカーブ。この夏の独自大会、甲子園で開催された練習会では高い潜在能力をこれでもかという程見せつけた。

 この1年でドラフト1位候補に挙がるまでとなった山下は一体どのような思考、鍛錬があって昇り詰めることができたのだろうか。

甲子園で活躍する三浦銀二に憧れて


 福岡市立三宅中時代から県の選抜チームに選ばれ、全国準優勝(KWB大会)を経験するなど期待は大きかった山下。

 福岡大大濠の先輩に当たる三浦 銀二投手(法政大)は、実は少年野球チームの筑紫丘ファイターズ時代の先輩でもあり、選抜甲子園の舞台で活躍する姿に憧れて福岡大大濠進学を決意。

 

 現在189センチある身長は高校入学当初からすでに183センチあり、大きなポテンシャルを秘めていることは明らかだった。名門校である福岡大大濠の環境に飛び込むことに不安はあったが、「先輩方は入った時から優しく、自分たちがやりやすいような環境を作ってくださいました」と早くからチームに溶け込んでいった。

 山下は、1年生の秋からベンチ入りを果たし、2年生の春には九州地区大会出場を果たす。

 まず2回戦の球磨工熊本)戦に先発し、8回1失点の好投。そして準々決勝の大分戦では、1.2回を投げて4失点を喫し、サヨナラ負けとなってしまったが、球速は144キロを記録。この大会を機に注目を浴びるようになり、夏の福岡大会では九州国際大付に1対3で敗れ準々決勝敗退となったが、ラストイヤーの活躍に期待がかかる内容を示した。