第1265回 153キロ右腕・山下舜平大(福岡大大濠)をドラ1位候補に押し上げたターニングポイントは大阪桐蔭戦 【前編】2020年10月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 10月26日に迎えたドラフト会議。今年の高校生投手でトップクラスの評価を受けているのが山下 舜平大福岡大大濠)の注目度が大きく高まっている。

 189センチの長身から振り下ろすアベレージで140キロ後半を記録する圧倒的なストレートは角度があり、ブレーキの利いた精度の高いパワーカーブ。この夏の独自大会、甲子園で開催された練習会では高い潜在能力をこれでもかという程見せつけた。

 この1年でドラフト1位候補に挙がるまでとなった山下は一体どのような思考、鍛錬があって昇り詰めることができたのだろうか。

甲子園で活躍する三浦銀二に憧れて



山下舜平大(福岡大大濠)

 福岡市立三宅中時代から県の選抜チームに選ばれ、全国準優勝(KWB大会)を経験するなど期待は大きかった山下。

 福岡大大濠の先輩に当たる三浦 銀二投手(法政大)は、実は少年野球チームの筑紫丘ファイターズ時代の先輩でもあり、選抜甲子園の舞台で活躍する姿に憧れて福岡大大濠進学を決意。

 

 現在189センチある身長は高校入学当初からすでに183センチあり、大きなポテンシャルを秘めていることは明らかだった。名門校である福岡大大濠の環境に飛び込むことに不安はあったが、「先輩方は入った時から優しく、自分たちがやりやすいような環境を作ってくださいました」と早くからチームに溶け込んでいった。

 山下は、1年生の秋からベンチ入りを果たし、2年生の春には九州地区大会出場を果たす。

 まず2回戦の球磨工熊本)戦に先発し、8回1失点の好投。そして準々決勝の大分戦では、1.2回を投げて4失点を喫し、サヨナラ負けとなってしまったが、球速は144キロを記録。この大会を機に注目を浴びるようになり、夏の福岡大会では九州国際大付に1対3で敗れ準々決勝敗退となったが、ラストイヤーの活躍に期待がかかる内容を示した。

【次のページ】 大阪桐蔭戦で自信をつけた「速いカーブ」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1029回 真の近畿BIG4は?西日本注目投手リスト19名【大会展望・総括コラム】
第169回 坂本、浜地、山下...数珠繋ぎのように好投手を輩出する福岡大大濠OB・現役から注目すべき5投手は?【高校野球コラム】
第285回 2021年ドラフト候補 高校生期待度ランキング30 投手大豊作の世代で1位になったのは…? 【ドラフト特集コラム】
第28回 卒業生1位は今年復活を遂げたあのスター!2020年選手名鑑人気ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第156回 2018年U-15代表の現在地。期待通りに成長した剛腕や予想以上の成長を見せた技巧派サイドなど多種多様!【高校野球コラム】
第1285回 福大大濠のもう一人の逸材。通算21発の山城航太郎が大学では投手に専念する理由 【2020年インタビュー】
第1271回 指揮官も絶賛する高校通算32本塁打・土井翔太(郡山)が近畿大会で得た経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1100回 東都三部に潜む153キロ右腕・近久輝(東農大)の成長の原点は高校時代のコーチがあったから【後編】 【2020年インタビュー】
第1099回 藤嶋の陰に隠れて、プロ注目の153キロ右腕となった近久輝(東農大)。劣等感を抱えていた東邦時代【前編】 【2020年インタビュー】
第1270回 木製バットでも長打は健在!高校通算50本塁打のスラッガー・井上朋也(花咲徳栄)が目指すは「3割、30本塁打のスラッガー」 【2020年インタビュー】
山下 舜平大(福岡大大濠) 【選手名鑑】
福岡大大濠 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー