第1261回 193センチの大型右腕・シャピロマシュー 一郎(国学院栃木)は佐々木郎希型フォームで急成長2020年10月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]体作りに専念できた野球ができない期間
[2]ドラフトを控え、足が震えることも


 今年の高校野球は、春先からの長期間の活動休止の影響から、夏に彗星のごとく頭角を現す選手が非常に多く見受けられた。プロ志望高校生合同練習会でも世が知らぬ逸材が多く登場し、最後まで新たな発見の多いドラフト戦線になったのではないだろうか。

 そして、この夏に一気にブレイクした選手の一人が、國學院栃木シャピロ マシュー 一郎投手ではないだろうか。
 193センチ・94キロの体格から最速147キロの直球を投げ込み、夏の栃木県独自大会で2試合に登板して、3イニングを2安打1失点7奪三振と好投。
 プロ志望高校生合同練習会でも、シート打撃で打者6人を相手に無安打4奪三振と結果を残しアピールにも成功し、一躍ドラフト候補として名乗りを上げた。

 度重なる成長痛で、ここまで満足に野球が出来なかったシャピロマシュー・一郎投手だが、ドラフト候補と称されるまでには、一体どんな成長があったのだろうか。

体作りに専念できた野球ができない期間



シャピロマシュー・一郎(国学院栃木)

 シャピロマシュー投手の魅力を語る上で欠かせないのが、193センチの長身だ。
 中学校に上がる頃から周囲よりも明らかに大きくなり始めたと言い、高校入学時には身長は184センチにまで達する。高校入学後も止まることを知らず、最終的には身長は194センチにまで伸びた。

 だが身長が伸び続けると同時に、成長痛に悩まされることとなる。主に腰の痛み、ひどい時には膝にも痛みが走り、歩くのもままならない時期もあったという。

 「1年夏から2年夏までの1年間、まったく投げることが出来ずに、2年の秋から冬にかけてもまた成長痛が再発しました。
 練習ができない間に一番練習してきたのは体幹トレーニングです。今まで体幹は強いと思っていたのですが意外と弱くて、鍛えていたら変わるかもしれないと思って取り組みました」

 実は入学時、184センチの身長があったシャピロマシュー投手だが、体重は90キロと今とほとんど変わらない重さだった。当時を「ぽっちゃり体型だった」と笑って話し、体重をできる限り維持することを心掛けてトレーニングに取り組んだと振り返る。

 「高校生はみんな体を大きくしようとトレーニングを行いますが、僕の場合は最初から大きかったので自分に合った体を探していました。体を絞ったり、時には少し大きくしたり、でもあまりやりすぎると怪我をするので、時期なども考えながらやっていました。今はだいたい92~93キロの間がベストだと思っています」

 1年夏に135キロを記録して以降は、まともに投球をすることが出来なかったため、自分の現在地も何もわからない状態であった。だが、ようやく思い切りボールが投げれるようになった春先、シャピロマシュー投手はキャッチボールで手応えを感じる。

 ボールの強さ、キレ、ノビ、すべてにおいてこれまでに無い感覚があったのだ。
 「これいけるぞって確信できる感覚がありました。キャッチボールをしただけでも、明らかに今までと違う感覚だなと思い、いざ実践で投げると初めて140キロを記録しました。そこから温かくなるにつれて、どんどん球速も上がってきた感じです」

【次のページ】 ドラフトを控え、足が震えることも

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第602回 【関東大会展望】東海大相模、健大高崎、花咲徳栄など精鋭15チームが集結!初戦の見どころ、注目選手を徹底ガイド!【大会展望・総括コラム】
第343回 【栃木抽選会後 展望】作新学院、文星芸大附、青藍泰斗の3強が一歩リード 3強を追う学校は?【大会展望・総括コラム】
第166回 元千葉ロッテマリーンズ 渡辺 俊介 選手 【2013年インタビュー】
第14回 千葉ロッテマリーンズ 渡辺俊介 選手 【2008年インタビュー】
國學院栃木 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー