目次

[1]努力家の一面が見える瀬戸西の野球人生
[2]大学に入って感じた「壁』を乗り越え守備職人に


 今年の大学生野手で守れる遊撃手として評価が高い瀬戸西 純慶應義塾-慶応大)だ。長年、JR東日本を率いてきた堀井監督も「守備の安定感は素晴らしいものがあります。打撃も対応力が出てきました」高く評価する。

 瀬戸西のショート人生を振り返ると、話を聞くと守備に対して非常に高いこだわりを持っていることに気づく。アウトを取るためにどう動けばいいのか、どういうステップをすればいいのか。1つ1つこだわっているのだ。今年のドラフト候補の中で特別、体が大きい選手なわけではない。だが、同世代でも一歩先を行く遊撃手になれたのは日々の努力の積み重ねがあるからだろう。

努力家の一面が見える瀬戸西の野球人生



瀬戸西純(慶應義塾ー慶応大)

 小学校1年生から野球を始め、金沢イーグルスに入団。上級生からショートを始めるようになり、中学生では中本牧リトルシニアに入団し、セカンドとしてプレーしてきた。

 その時、守備力を鍛えるために欠かさず行ってきたのが壁当てだ。この壁当てについて「どんな打球がほしいのか、投げる強さを調整するので、スローイングの練習にもなりますし、捕球の練習になる。良い練習だと思います」とメリットを語る。当時の守備について瀬戸西はこう語る。

 「形どうこうよりもがむしゃらに捕る。絶対に落とさない。アウトにしようと思っていて、理屈どうこうよりも当時どんな形でもアウトにしていた。その気持ちは非常に大事で、今も大切にしています」

 まずは守備は絶対にアウトにするという気持ちが大事で、そこから技術へとつながっていくのだ。

 中本牧リトルシニア時代は全国大会にも出場と実績を残した瀬戸西が慶應義塾に憧れたのは、小学校のチーム、そして中本牧リトルシニアにも慶應に進んだ先輩がいた。

 文武両道を成し遂げたい最初の動機で、その中で慶應を目指したのがきっかけだ。瀬戸西は一般受験。早朝に1時間半、休み時間、そして塾でも勉強。その中でも徹夜ではなく、自身の健康のために睡眠時間を取ることも重視していた瀬戸西は短期集中で行い、22時を限度にもし難しい場合は最大1時間延長という形で、勉強を行った。猛勉強の甲斐もあり、見事に優勝。慶應の門をたたくことになる。

 中学時代は二塁手だったが、指導者から遊撃手もやったほうがベンチに入れるチャンスも増えるということで、遊撃手の練習も行った。守備の意識もがむしゃらに捕球をしていた中学時代と違って、高校時代はボールの下を見る意識を行うようになった。

「上からボールを見てしまうと、イレギュラーの際に対応できないので、下を見ることによってバウンドの変化に対応ができる。ただお尻が下がりやすく、足の運びは悪くなってしまう。矛盾してしまうのですけど、足の運びと目線のバランスを常に考えながら、守備をしていました」

 その積み重ねで、守備でも自信を持つようになり、最後の夏は準優勝を果たし、慶応大へ進学が決まった。

 守備力に自信を持ち、慶応大では「打撃」を鍛えれば、さらに上に行ける可能性はあるかもしれないと思った瀬戸西だが、その考えは入学当初に崩れ去った。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。