目次

[1]3度の入れ替え戦はメンタルを強くした
[2]プロに入ればどこ出身も関係ない

 近年では2年連続で夏の東東京大会で準優勝に輝いている都立小山台。2014年の選抜で都立高初の21世紀枠に選出されたことが記憶に新しい方も多いはずだ。

 その時、マウンドに立ち、強敵相手に堂々たる投球を見せていた伊藤 優輔は社会人まで進み、野球を継続。ドラフト候補にまで成長し、2020年は遂にドラフト解禁。勝負の1年を迎えていた。

 今回は都立小山台を卒業してからの中央大の4年間、そして現在の三菱パワー野球部での日々。さらに技術論も交えながら今後についても迫っていく。


これまでの記事はこちらから!
最速153キロ右腕・伊藤優輔(都立小山台出身)が都立の星と呼ばれるようになるまで vol.1
リベンジに燃えた2年生の秋。三菱パワー・伊藤優輔(都立小山台出身)が全国デビューを果たすまで vol.2

3度の入れ替え戦はメンタルを強くした


 都立の星と称され、選抜出場も経験した伊藤。だからこそ、大学野球で腕を磨くことを決められた。
 「甲子園で履正社と戦って、トップと自分の差がわかったことで、高校からプロに行く気持ちにはなれませんでした。あの時にプロ志望届を提出しても、下位指名でした。だったら大学、社会人に進んで上位指名されたかったですし」

 こうして中央大の門をたたいた伊藤。全国屈指のレベルの高さを誇り、戦国東都と呼ばれる東都大学野球リーグで1部に所属する中央大。そこで1年生春からリーグ戦デビューと華々しいスタート。2年生からは主戦力として活躍し始めると、3年生は怪我で戦列を離れながらも、4年生の時はチームのエースとなった。

 「最初はがむしゃらに投げていましたが、次第に先発が増えましたので、試合に向けての調整は大事になりました。また入れ替え戦はメンタルを強くしてくれました」

 伊藤は中央大在学中、3度の入れ替え戦を経験している。「神宮でプレーすることかどうかは天と地ほどの差があります。2部になると、地方球場ですし場所も転々として移動も大変ですし、やりにくいので」と神宮でプレーをすることに執念をもって入れ替え戦を戦い、3度とも残留することが出来た。

 トレーナーや投手コーチといった専門知識を持った指導者からの指導を受けたことで、伊藤はメンタルだけではなくテクニックも磨きがかかってきた。ただフォームの抜本的な変更ではなく、変わったのはマインドの部分だった。

 「1年生の時は躍動感を大事にしていましたが、勝たなければならないポジションになってきたので、試合を作ることを大事にするようにしました。特に4年生の時は肘に違和感があったので、思い切り投げられなかったので、躱す投球術を覚えられたのは大きかったです」

 三振狙いの際どいところを突こうとしてカウントを悪くするところがあったという伊藤。しかし4年生の秋に肘に違和感があったことで、甘いところにも勇気をもって投じる。力は抜くがコースに投げ分ける投球術を身につけることができた。

 それに伴って投球フォームも少しずつ変化をしながら中央大での4年間は終わった。