第1257回 ロマンしかない190センチの大型左腕・羽田慎之介(八王子)。才能を伸ばした指導方針2020年10月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]羽田の才能を伸ばした安藤監督の指導方針<
[2]言われてではなく、自分なりに工夫してまとめる投球

 プロ野球ファンで東京都の学校出身の大型左腕といえば、河内貴哉(國學院久我山出身)を思い出す方が多いだろう。令和の時代になって河内と比較できるような左腕が現れた。その名は羽田 慎之介(はた)。191センチ85キロと恵まれた体躯から投げ込む最速は144キロ。それも1イニングに1回は140キロを計測するという驚異の速球能力を持っている。来夏まで要注目の大型左腕の軌跡を追った。

羽田の才能を伸ばした安藤監督の指導方針



羽田慎之介(八王子)

 一次予選からひそかに注目を浴びていた羽田。その潜在能力は本物だった。ワインドアップから始動し、勢いよく足を上げてから、大きく右足を踏み出していき、背中側に入るテークバックから、スリークォーター気味に腕を振っていく姿は、ランディ・ジョンソンを彷彿とさせる。

 八王子はチーム内でスピードガンで測る機会はなく、羽田自身も球速が分からない。スピードがすべてではないが、投手の実力を測る1つの指標である。先頭打者から140キロ台を連発。体全体をうまく使うことができていて、威力のあるストレートは手元で押し込む威力がある。勢いは、松浦 慶斗大阪桐蔭)に匹敵するほど。

 こうして威力のあるストレートを投げられるようになったのは八王子入学後からの体づくりにある。東練馬出身の羽田は華奢で、身長187センチ体重71キロと細かった。ただこの1年で体重は80キロ台に達し、身長は191センチと今年に入っても伸び続けている。

 さらに変化球も面白い。120キロ台の曲がりが大きいスライダー、120キロ後半のカットボール、120キロ前後のフォーク、110キロ後半のチェンジアップ、100キロ台のカーブと実に多彩。しっかりとリリースできた時は面白いように空振りが奪える。

 ストレートだけではなく、変化球も一定以上の精度がある。ここまで書くと、こんな左腕がいるのかと驚くことだろう。ただ課題は制球力である。この試合では6四球とボール先行が多かった。

 ただ八王子の安藤監督はそれを咎めようとはしなかった。
 「もちろんボールが多くなると、それが通用しない相手に対して、本人になり工夫しないといけないと思います。ただ彼の場合、体がまだ大きくなっている途中で、フォームもまだ固まっていない段階なので、体ができたときにフォームも安定するとみています」

 八王子高校の投手といえば、2016年夏の甲子園に出場に貢献した左腕エース・早乙女 大輝(明星大)、昨年のエース・北沢壮汰など制球力が優れ、駆け引きが長けた投手が多い。安藤監督は羽田に対し、これまでの左腕エースと同じ要求はしていない。

 「投手にはいろいろなタイプがあって、今までの投手は、ボールの威力がないことを制球力、変化球で補っていたと思います。ただ欠点とすれば、ボールの威力がなく、ホームランを打たれやすい。羽田は今までの投手には絶対的なボールの威力があります。コントロールやゲームメイクという点については体ができて、フォームも安定し、力のあるストレートをコントロールよく投げられるようになってから考えればいい話で、逆に球速を落として、コントロールよく投げることはつまらない投手になってしまうのかなと。
 これほどのスケールがあって、力のあるボールを投げられる投手は過去にいません。彼だけにしかない特別な個性があるのに、それを潰してはいけないと考えています。今は力のあるストレートを磨いてほしいと思っています」

 大型左腕の育成は非常に難しいといわれる。このように先を見据えて、個性を尊重する安藤監督だからこそ羽田は才能を伸ばすことができたのだろう。

【次のページ】 言われてではなく、自分なりに工夫してまとめる投球

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
八王子vs日大鶴ヶ丘【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
日大鶴ヶ丘vs東海大高輪台【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
八王子vs国士舘【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
国士舘vs立教池袋【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
八王子vs都立富士森【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1016回 都立城東vs都立日野など初戦から好カード揃い!秋季東京都大会一次予選の注目ポイント!【大会展望・総括コラム】
第1013回 【西東京大会展望】早実vs八王子など1回戦から好カード続出!激戦区・西東京を制するのはどこだ?【大会展望・総括コラム】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第986回 【秋季東京都大会】立て直しを見せた国士舘、都立の健闘、底力見せた帝京 様々な色を見せた東京の秋【大会展望・総括コラム】
第970回 【秋季東京都本大会 展望】日大三、東海大菅生などが揃うブロックも!秋の都大会は超激戦が予想!【大会展望・総括コラム】
第966回 【秋季東京都大会一次予選展望】日大豊山と東海大高輪台が初戦で激突!第21ブロックAは激戦区に【大会展望・総括コラム】
第884回 主将として、攻守のキーマンとして、荻野魁也(岩倉)はさらに己を磨く【後編】 【2019年インタビュー】
第846回 日鶴撃破の立役者・野﨑師(都立小平西) 強豪校と渡り合えるまでになった進化の過程 【2018年インタビュー】
第523回 八王子の豪腕・米原大地!夏連覇はこの男の右腕にかかる! 【2017年インタビュー】
第1回 第96回選手権西東京大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
羽田 慎之介(八王子) 【選手名鑑】
都立八王子北 【高校別データ】
八王子 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー